渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2〈9562〉

このお住まいのLDKは吹き抜けになっていて、この2階の渡り廊下が浮かんでいます。北側の外壁に面した階段との境になる様に、オーディオラックを兼ねた本棚を造りました。このお住まいの雰囲気から、造り付け家具というよりも、住まいてさんと現場で相談しながら、大工工事で造る方がふさわしいと考え、現場製作しました。

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

この本棚付きオーディオラックは、渡り廊下の北側で階段との手すり壁の部分です( 2018.11.08)


渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

このお住まいは、コンパクトに暮らせることができる、

1階だけで完結する間取りですが、週末には一転し、

2階につくったご夫婦それぞれのアトリエで、

自分の創作を深められます。いわば、

『1階には住み、2階では深める』ような空間構成が、

この住まいてさんご夫婦には、ぴったりでした。

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

造り付け家具は、本来は壁に埋め込んだり、

しっかりと固定することによって、

地震の際の転倒を防ぐメリットがあります。

しかし、それとは反対に模様替えしたいときには、

取り外せるようにもしたいものです。

この家具は4分割にしてあります。左側は幅90cmの本棚を3組、

右側は幅110cmのオーディオラックが1組です。

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

ビスで連結固定しているので、分解すれば、

他の部屋に持っていくことも可能です。

全て21mm厚のしな合板、端部は合板の切り口を、

そのまま見せるので、小学生の頃の机の様です。

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

裏側の階段側に物を落とさないようにするために、

背板を10cm、立ち上げておきました。

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

家具の後ろの窓のある壁には、3ヵ所の背面用スピーカーの取り付けます。

オーディオラックまでの、壁埋設配線がしてあります。

家具側面の幅木に、幅木用の小さなコンセントを取り付けます。

これは家具の左側に置く予定の、オイルヒーター用です。

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

オーディオラックは、AVアンプなどの大きさに合わせて、

奥行きを深くし、下部には色々な配線がしてあります。

100vの電源、電話、LAN、 6.1チャンネルのスピーカー、サブウーハーです。

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

オーディオラックの高さは、床から100cmにしました。

この上にプロジェクターをのせるためです。

このプロジェクターから映しだす先は、

渡り廊下の本棚付きオーディオラック・2

LDKの南面の壁に取り付ける、電動スクリーンです。

さて、LDKの吹き抜け全体を利用した映画館、

上映が待ち遠しいです。