私は「兼築家」をめざしています!〈9996〉

我が家の夕食では、「今、造っている建物」「新しく依頼された仕事」のことが、よく話題になりますが、『それって、工務店の仕事じゃないでしょ!』と、娘から間髪入れずに突っ込まれた、依頼がありました。それは『ピアノペダルを頭の動きで踏み込みたい』というものでした。確かに冷静に考えると、工務店の仕事じゃないですね... 。

私は「兼築家」をめざしています!

自己紹介が遅れました。大瀧雅寛といいます。「兼築家」をめざしています!東京ビッグサイトで開催された「国際福祉機器展」に出展した時です。オオタキラジオをスタートする前のことです(2017.06.24)


大瀧雅寛

依頼主の住まいてさんは、ピアノが大好きな車いすユーザーです。

鍵盤での運指(うんし)には、何も困るとはないのですが、足元の

ペダルを踏み込めないので、演奏に表現が出にくいとのことでした。

両手は鍵盤でふさがっているので、首や頭の動きなどを感知して、

足元のダンパーペダルを踏み込める様な、電動装置を開発したい

大瀧雅寛

なるほど、そうなると、何らかの電子工作が必要になりそうです。

実は私は小学生の頃から、電子工作が大好きで、秋葉原の電気街には

足しげく通っていたのです。今になって役に立つこととなりました。

大瀧雅寛

1年がかりで完成したのが、この「バリアフリー補助ペダル」です。

「barrier-Free assist as a Pedal」から、bFaaaP と名付けました。

メガメフレームなどを用い、頭に装着する「モーションセンサ」と、

ピアノペダルの前に設置する、「アクチエータ」で構成されます。

大瀧雅寛

『これが工務店の仕事なのか』と問われれば、

「そうですよ!」と、私は自信を持って答えます。

「建てること」だけではなく、「建てること」を中心としながらも、

『住まいてさんの願いを形にできる』、そんなお手伝いに至るまで、

できる様にしたい。建築家ではなく、『兼築家』になりたいのです。

大瀧雅寛

• 有限会社 大滝建築事務所 取締役社長(1級建築士)

• 埼玉県狭山市で、妻と娘の3人暮らし

• 1965年 東京都生まれ。小学校まで東京、中学校・高校は埼玉県

iPhone 090-3069-3425 携帯( 24時間 年中無休 )

Mail aiueootaki@gmail.com

SNSからでも、お問い合わせいただけます。

Facebook https://www.facebook.com/ootaki

Twitter @masahiroootaki

大滝建築事務所

住宅の設計や施工を中心に、新築からリフォームまで手掛けています。20年ほど前に、車いすの方の住宅を設計したことがきっかけで、高齢者、障害者の方の住宅を多く手掛けるようになり、バリアフリー住宅を得意とするようになりました。

コラム

居心地のよい住まい」は 2000年10月からの1年間の間、朝日新聞(東京本社版)夕刊マリオンに、連載されたコラムです。ご愛読ありがとうございました。

大瀧雅寛

著書

  • • バリアフリー住宅[居心地の良い家]のつくり方
  • • 福祉住環境コーディネーター まとめと問題
  • • バリアフリー住まいをつくる物語
  • • 明日の在宅医療・第2巻 - 在宅医療の諸相と方法

建築指導の経歴

大瀧雅寛

  • • 2014 首都大学東京大学院・都市環境科学研究科・インターンシップ
  • • 2012 日本福祉大学・インターンシップ
  • • 2012 埼玉県立大学・インターンシップ
  • • 2011 日本社会事業大学・インターンシップ
  • • 2002-2005 東京工学院専門学校・福祉住環境デザインコース・非常勤講師
  • • 1997-1998 国立障害者リハビリテーションセンター・インテリアデザイン科・非常勤講師

こんな家で暮らしています

毎年8月、恒例の「狭山市入間川七夕まつり」。

その入間川のほとりの住宅地で暮らしています。

春になると桜が咲き並ぶ、遊歩道の近くにあります。

大瀧雅寛