段差も土間もない、アクセシブルな玄関に〈9794〉

以前『向かいのおばあさんが、ピンポンを押して、回覧板を持って来てくれるようになった』と、住まいてさんから言われたことがありました。そのお住まいはバリアフリー住宅、建て替えるにあたり、道路から玄関ポーチまで、ゆったりとしたスロープのあるお住まいでした。きっとこのお住まいでも、そんなコミュニケーションがありそうな気がします。

段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

外構計画と一体と考えた、アクセシブルな玄関室です。袖壁が大きなガラスになっている、引き戸の玄関扉はです( 2018.01.12)


段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

この玄関ポーチへのアクセスは、2通りあります。

ひとつは「4段の階段」、もうひとつは「カーポートから続くスロープ」。

車いすで回転ができるように、玄関ポーチは90cm広くなっています。

段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

ゆったりとさせるだけでなく、玄関ポーチに陰影をつくることになり、

白い外壁にメリハリができて、面白くなりました。

軒天井の高さが低い住宅は、外観がスッキリと見えます。

玄関引き戸の上端は、ぴったりと軒天井に合わせました。

段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

この玄関室には、段差を造らないようにするため、「土間」がありません。

この玄関引き戸は、袖壁が大きなガラスになっているので、

思いのほか玄関室は、白い壁と相まって明るくなりました。

段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

床材は、フローリングのように見えますが、木目の長尺シートです。

長尺シートの方がフローリングよりも、小さな砂利に強いからです。

長尺シートの上にはマットを敷き、玄関収納は床から少し浮かべ、

玄関室のお掃除を、しやすくしました。

玄関引き戸の脇には、壁に埋め込むポストを取り付けました。

段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

観葉植物が置いてある台は、来客があったときのベンチにもなります。

段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

玄関室から直接LDKに入ります。廊下は極力省きました。

限られたスペースを有効に使うためですが、もうひとつ理由があります。

住まいの中に寛いでいるときには、「玄関室の存在を消したい」からです。

段差も土間もない、アクセシブルな玄関に

一方、外(道路側)からは、明確にわかる位置に玄関ポーチをつくること。

玄関ポーチの見えない家は、近所とのコミュニケーションを、

避けているように見えてしまうからです。

「玄関室と玄関ポーチ」をどこにするのか、間取りの中でとても大切です。

『玄関を間違えた間取りは、全てが間違ってしまう』

という気持ちで、どのお住まいも考えています。