icon

アニティデザイン ↘

オオタキラジオ ↘

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

〈9778〉

自由でおおらかで、お互いを尊重する、居心地のよいムーミン谷。その谷で一番大きい建物が、ふたつのきのこがくっついた様な外観のムーミン屋敷です。外からやってくるどんなに変わったお客さまでも、ムーミン一家は歓迎してくれるそうですよ。埼玉県飯能市のあけぼの子どもの森公園に、小雨の降る中でも、やさしく佇んでいました。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

本物のムーミンを娘は知りません。私が娘くらいの頃に、毎週テレビで見ていたのですが、とりたてて面白かった印象はなく、難解なものに思えていました(2018.01.28)

2018.01.28

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

きれいにすきとおった風をたべ、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしゃ)や、

宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

これらのわたくしのおはなしは、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

みんな林や野はらや鉄道線路やらで、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

虹や月あかりからもらってきたのです。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

ほんとうにもう、 どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

わたくしはそのとおり書いたまでです。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

ですから、これらのなかには、

あなたのためになるところもあるでしょうし、

ただそれっきりのところもあるでしょうが、

わたくしには、そのみわけがよくつきません。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、

そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

注文の多い料理店・序(4)ムーミン屋敷

けれども、わたくしは、

これらのちいさなものがたりの幾(いく)きれかが、

おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、

どんなにねがうかわかりません。

大正十二年十二月二十日 宮沢賢治『注文の多い料理店』序


https://anity.ootaki.info/9778/