icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

〈9694〉

通りかかった友人から、路上詩人こうじさんが来ていると聞き、私はすぐに訪ねました。こうじさんは私と少しだけ話すと、『すみません』とヘッドホンを耳にすると、どこかでお会いしたことがあるような、優しい石仏のようになりました。帰宅を急ぐ人たちは、私たちの脇を不思議そうに眺めながら、通り過ぎていくのですが、私にとっては、この作品の前を素通りできることの方が、不思議でした。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

こうじさんと一緒にデッキ通路に座り込むと、まるで川の中に潜ったように、あたりが急に「静か」になりました。今日の記事は、私の文章は無用のようです。賢治『注文の多い料理店』序を、引用させていただきます...(2018.04.22)

2018.04.22

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

きれいにすきとおった風をたべ、

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしゃ)や、

宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

これらのわたくしのおはなしは、

みんな林や野はらや鉄道線路やらで、

虹や月あかりからもらってきたのです。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、

十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、

もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

ほんとうにもう、

どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、

わたくしはそのとおり書いたまでです。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

ですから、これらのなかには、

あなたのためになるところもあるでしょうし、

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

ただそれっきりのところもあるでしょうが、

わたくしには、そのみわけがよくつきません。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、

そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

けれども、わたくしは、

これらのちいさなものがたりの幾(いく)きれかが、

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、

どんなにねがうかわかりません。

大正十二年十二月二十日 宮沢賢治『注文の多い料理店』序

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

こうじさんからの説明を聞き、私、思わず聞いたのです。

「こうじさん、何を感じて、この詩を書いたのですか?」

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

こうじさんは、答えてくれました。

『書かれている詩の半分は、大瀧さんから感じるもの、そして、』

『残り半分は、私自身の中にある言葉、その二つを合わせました』

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

もしかすると、流行りなのでしょうか。

『路上詩人』と検索すると、たくさんの作家さんが登場します。

ですが、

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

こうじさんの作品には、他の作家にはない『優しさ』を感じるのです。

こうじさんと一緒にデッキ通路に座り込み、目の高さをずっと低くした時、

それは、ようやく見ることができた、静かな『優しさ』です。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

その『優しさ』は淡くて、私が急いでいたり、振り返らなくなったり、

目の高さが高くなってしまうと、すぐに見失ってしまいそうです。

注文の多い料理店・序(6)路上詩人こうじ

インスタグラムで、『k0u2i』を、検索してみて下さい。

https://anity.ootaki.info/9694/

アニティデザイン