住まいてさんと一緒に、ショールームへ行く目的〈9927〉

住設機器ショールームで、ユニットバスやキッチン、洗面台と、アドバイザーから説明を受けました。このお住まいで楽しみなのは、希望される方は多くても、なかなか実現できない「アイランドキッチン」です。というのも、キッチンの左右両側を通り抜けるため、キッチンの幅広さが必要となってくるからです。

住まいてさんと一緒に、ショールームへ行く目的

[/ アイランドキッチンは壁が接する部分がなく、アイランド(島)のようになっているキッチン形式です。オープンキッチンの理想形です。[ショールーム]の一番いい所に展示してありました( [2017.09.01]) ]


アドバイザーから、住まい全体の説明をしてもらうためには、

およそ2時間半ほどの時間を要しますが、

ショールームでは、あっという間に時間が過ぎていきます。

アドバイザーが中心に話を進め、私はメモをしている脇役です。

ですが、私には「隠れた仕事」があるのです。

Image

住まいてさんご夫婦が希望される、色や材質感など、

そのお好みを知ることができる、絶好な機会なのです。

私はそのお好みを、住まいのインテリアや外装までにも、

イメージを拡大させていくのです。

すると、模型のような白色だったイメージが、

現実性を伴った、色や材質感を持ち始め、

さらなる「間取りの正確さ」への、補強にもなるのです。

ですので、新築でもリフォームでも、住まいてさんと一緒に、

ショールームには、必ず出向くことにしています。