先端をできるだけ薄くした、木製玄関スロープ〈9591〉

マンションで暮らし始める車いすユーザーから、バリアフリーリフォームを依頼されました。賃貸マンションなので、現状復帰できる範囲内での工事になりました。まずは、玄関の上がりかまちの段差についてでした。「スロープの先端をできるだけ薄くしてほしい」とのご要望でした。

先端をできるだけ薄くした、木製玄関スロープ

車いすユーザーのマンションリフォームです。玄関(マンション)に置くスロープです。賃貸マンションの場合、現状復帰のしやすさも考慮しておく必要があります( 2018.07.07)


先端をできるだけ薄くした、木製玄関スロープ

上がりかまちの段差が7cm程あり、スロープを作りました。

玄関ドアのステンレス製敷居の段差が、7mmありました。

スロープの長さは、スロープの先端と、敷居の段差が連続しない様に、

20cm程離すこととなりました。

先端をできるだけ薄くした、木製玄関スロープ

スロープの表面は、滑りにくい、ノンスリップシート貼りにし、

先端は5mm程と薄くすることができました。

スロープの先端を薄くするために、下地合板の選定から検討しました。

続く室内の廊下のフローリングは、車輪についた砂でキズがつかない様に、

「おくだけ吸着」の、安価なタイルマットを貼りました。

先端をできるだけ薄くした、木製玄関スロープ

スロープの幅は、玄関土間の幅いっばいにするのではなく、

靴を1足の置く幅を残しました。玄関ドアにはつま先がぶつかるので、

この面にも、「おくだけ吸着」のタイルマットを貼りました。