増築した書斎の、壁一面の本棚〈9517〉

読書家の方から、書斎の増築を依頼されました。もちろん蔵書をたくさん収納できることが、ご要望ですが、カウンターも造り付け、読書に没頭できる様にとも考えました。南側とはいえ、隣家が接近していて明るい場所ではなく、トップライトから採光し、本棚を含め内装は、素材を活かして明るくしました。

増築した書斎の、壁一面の本棚

増築した書斎の、壁一面の本棚です。正面がカウンターです( 2018.12.09)


段増築した書斎の、壁一面の本棚

庭先の限られたスペースに増築したので、

書斎の間口は、2.5mの細長い書斎です。

この部屋は寝室としても使い、玄関コーナーもつくりました。

段増築した書斎の、壁一面の本棚

窓に面したカウンターは、3方の壁に固定し脚を省きました。

天井や家具には、クリア塗装したしな合板とし、

ナチュラルなインテリアに、仕上げた理由は、

本の「背表紙」が、主役になる様にしたかったからです。

段増築した書斎の、壁一面の本棚

カウンターの左手には、趣味の小物のためのスペースです。

どの本棚も棚板は全て、頑丈な21mm厚しな合板にしました。

既成品の本棚の棚板は、薄い合板を張り合わせた中空の板が、

一般的ですが、本の重量で板が反ってしまうことがあります。

段増築した書斎の、壁一面の本棚

本棚の奥行きは、いつもは浅くしているのですが、

このお住まいでは、本の収納量が足りないので、あえて、

本棚の奥行きを深く、2冊分の奥行きにしました。

間口3mの本棚ですが、倍の6m分収納できます。

段増築した書斎の、壁一面の本棚

それでも本が溢れてしまい、どこか、本棚をつくる場所をと見つけたのが、

トイレの正面の壁でした。ここなら、

トイレに腰掛ける前に1冊をと、意外と便利なのかもしれませんね。