『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』〈9736〉

今から190年前の1828年の冬、71歳の良寛が住んでいた、新潟県で大地震が起こりました。良寛自身には被害はなかったのですが、親友の俳人は家族を失う被害に遭ったそうです。良寛が書いた見舞いの手紙の中に、『災難に逢う時節には災難に逢うがよく候』と、この一文が出てくるのです。良寛は、この一文に何を託したかったのでしょうか。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

8年前の2011年3月11日の夜は、この画像のような「月齢6」の上弦の月でした。この画像は木星と並んだ月を、2009年に当麻さんが撮影したものです(2018.03.11)


私には、随分と厳しい言葉に感じてしまいますが、

良寛は、この一文に何を託したかったのでしょうか。

災難に逢うときには、災難に逢うしかない。

「遭う」ではなく、「逢う」と書いているのは、なぜなのでしょうか。

『遭う』とは、嫌な事柄に偶然に出会ってしまうことに対し、

『逢う』とは、親しい人にめぐりあったときに使う言葉です。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

災難に逢う時節には

災難に逢うがよく候(そうろう)

是はこれ災難をのがるゝ

妙法にて候(そうろう)

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

かにかくに止まらぬものは涙なり

人の見る目も忍ぶばかりに

人一倍繊細な良寛が、痛みを感じないはずはありません。

被災の様子を見た後には、こんな歌を詠んだそうです。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

『あるがままを受け入れ、その時その時の自分ができることを一生懸命やるしかない』という仏教の教えがあり、この教えに「受け入れるしかない運命をならば、それを受け入れて生きるしかないのだ」という覚悟を感じます。


『受け入れる』とは、「諦める」のような受け身の言葉に感じます。

ですが、良寛は『受け入れる』を、この受け身としての意味ではなく、

もっと前向きな、もっと主体的な意味を託していると、私は感じるのです。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

あの震災から2週間ほど経つと、ひとり狭山丘陵を歩きたくなりました。

ユダヤ人の精神分析学者が、自らの強制収容所での体験をつづった、

ヴィクトール・フランクル『夜と霧』が、心に思い浮かぶのでした。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

だれもその人から苦しみを取り除くことができない。

だれもその人の身代わりになって

苦しみをとことん苦しむことができない。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

この運命を引き当てたその人自身が

この苦しみを引き受けることに、

ふたつとない何かを成し遂げる

たった一度の可能性はあるのだ。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

強制収容所にいたわたしたちにとって、

こうしたすべてはけっして現実離れした思弁ではなかった。

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

わたしたちにとってこのように考える事は、

たったひとつ残された頼みの綱だった。

それは、生き延びる見込みなど皆無のときに

わたしたちを絶望から踏みとどまらせる、唯一の考えだったのだ。

ヴィクトール・E・フランクル (池田香代子訳) 『夜と霧 新版』みすず書房 2002

『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候』

私の名前、雅寛の『寛』の一字は、良寛さんからいただいたそうです。

良寛さんに、いつか会うときがあったら、

その真意を、尋ねてみたいのです。