卒業式と賢治と金治郎〈9722〉

雨ニモマケズの中にある、『サウイフモノニ ワタシハナリタイ』。「そういう私だ」と、賢治は言っているのではなく、「そういう私ではないから、そういう者に私はなりたいのだ」と言いたいのではないでしょうか。

卒業式と賢治と金治郎

薪を背負いながら、時間を惜しむように勉強している、校門前の金治郎(二宮尊徳)も、今日は、6年間見守り続けた子どもたちの、旅たちが嬉しそうでした。私は心の中で賢治の「雨ニモマケズ」を思うのでした(2018.03.25)


初めて、娘と向かい会ったときに、

ふと、『雨ニモマケズ』が頭をよぎったのは、

おそらく私自身が、日々の仕事の中で、

負けそうになっていたからでした。


自分が「主役」になるのではなく、「脇役」になって、

周りの人たちを、幸せにできるひとになってほしい。

周りの人たちを幸せを、自分の幸せと、

感じられるひとになってほしい。


ですが、いくつかの失敗を抱えていた私には、

このことが、とても難しかったのです。

卒業式と賢治と金治郎

東ニ病気ノコドモアレバ

行ッテ看病シテヤリ

卒業式と賢治と金治郎

西ニツカレタ母アレバ

行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ

卒業式と賢治と金治郎

南ニ死ニサウナ人アレバ

行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

卒業式と賢治と金治郎

北ニケンクヮヤソショウガアレバ

ツマラナイカラヤメロトイヒ

卒業式と賢治と金治郎

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイフモノニ

ワタシハナリタイ

卒業式と賢治と金治郎

私は娘と、随分年齢が離れています。

娘が今の私の年齢になったときも、私は今日のように、

早朝から記事を書いているのでしょうか。

それとも、私は『卒業』しているのでしょうか。


おそらく、『私の人生』は私自身に対して、賢治が願っていた、

「サウイフモノ」に、なることを求めていないと思うのです。

「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」と、願い続けていくこと、

それを『私の人生』は、私自身に求めていることだと思うのです。