つり下げリフトに釣られ、自立を思う〈9540〉

リフトを前にすると、私はいつも「自立」という言葉が、心に思い浮かびます。いきなりなんですが、「自立」って何ですかね。検索してみると、『自分以外のものの助けなしで、自分の力で物事をやって行くこと」とありました。通常用いられるこの意味が、私にはそのまま飲み込めないでいるからです。

つり下げリフトに釣られ、自立を思う

このつり下げリフトで、洗面室から浴室の洗い場、浴槽内への移動を検討しています。入浴を「 生きることの一部である」と考えるのは、大げさですかね(2018.11.19)


つり下げリフトに釣られ、自立を思う

今日は、とある住まいてさんのお宅で、つり下げリフトのデモを、

メーカーさんにお願いしました。ついでに私も体験させてもらいました。

まずは入浴用スリングシートを敷き、膝関節を縁に合わせる様に座ります。

つり下げリフトに釣られ、自立を思う

このお住まいでは、このつり下げリフトを浴室内に設置して、

洗面室から浴室の洗い場、浴槽内への移動を検討しています。

上下は電動で昇降しますが、左右の移動は自分ではできないので、

介助者に、背中や肩を押してもらうことになります。

つり下げリフトに釣られ、自立を思う

なので、「このつり下げリフトがあれば、一人で入浴できる」、

という訳ではなく、常に介助者が必要ではあるのです。なので、

一般に「介助で入浴」といい、「自立で入浴」とはいわないのです。

ブランコの様に宙に浮いた時に私は、「自立とは...」と思うのでした。

つり下げリフトに釣られ、自立を思う

入浴に限らず、着替えなど日々の暮らしの中の、自分の苦手なことでも、

介助者に頼らず、自分の一人の力でやり抜くはできるでしょう。

そのことを「自立している」というのでしょうか。

そのために、健常者に比べれば、余分に時間がかかったり、

多くの体力を、奪われてしまうのかもしれません。

そのことを「自立している」というのでしょうか。

つり下げリフトに釣られ、自立を思う

誰かに頼めることは頼み、できるだけ自分の時間を確保し、

エネルギーを温存すれば、気持ちに余裕ができるはずです。

積極的に外へと出て行ける、前向きな気持ちになれるはずです。

自分がしたいことに優先順位を付け、自分の意思で決定できることこそ、

「自立」と呼ぶにふさわしいのだと、住まいてさんから教わりました。

つり下げリフトに釣られ、自立を思う

私たちはひとりひとり、それぞれの人生を生きていて、

それぞれの異なった、役割や目的を持っているためなのか、

私には、平等である様には見えないのです。

おそらく、だれもが「平等」なことは、ひとつだけだと思います。

それは、「だれにとっても1日は、24時間であること」です。

つり下げリフトに釣られ、自立を思う

前向きな自立した人生を求めるのなら、障がいがあってもなくても、

この24時間を有効に活用することが、欠かせないものだと思うのです。

このリフトを始め、私がバリアフリー住宅に期待していることは、

有限である時間を有効に活用でき、大切なエネルギーを使うべき所で使う、

前向きな生き方が、より前向きとなる様な、追い風となることです。