「Lights ~ 愛しい光たち」24作品と、粉川江里子の代表作〈9511〉

例えば人物画の場合、モデルの内面や生き方を描き出すことが、よい作品の条件、そしてよい画家の条件なのだと、私は今まで考えていました。ですが、粉川江里子さんの油彩画展「Lights ~ 愛しい光たち」の作品を前にして、私は、それとは異なるものを感じていたのでした。

「Lights ~ 愛しい光たち」24作品と、粉川江里子の代表作

この記事の作品の画像は、粉川江里子さんの twitterから頂いたものです( 2018.12.25)


「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

淡い色調に包まれた女性たちが、一瞬の幻を思わせるような非日常の世界を作り出しています。

美岳画廊 八丁堀ギャラリー(2018年12月21日→ 26日)

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

粉川さんの油彩画展が、美岳画廊で開催されていることを知り、

直前まで行くのかためらっていましたが、行くことにしました。

行くからには必ず、粉川さんとお話をしようと決めていました。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

粉川さんとモデルさんと、お話をする幸運に恵まれました。

嬉しくて、もっとたくさんお話したかったのですが、

私は長居せずに、画廊を後にしました。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

それは、他の来場者さんたちに、迷惑だと思っただけではなく、

何よりも早く、自分の気持ちを書き起こしたかったからでした。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

この画廊の中にいて、懐かしさ、暖かさを感じたのはなぜなのだろう。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

人物画の場合、モデルの内面や生き方を描き出すことが、

よい作品の条件なのだと、私は今まで考えていました。ですが、

この油彩画展の作品からは、それとは異なる感動がありました。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

粉川さんの作品から、私が感じたイマージュ。

それはモデルの内面というよりは、モデルを優しく包むもの、

暖かく見守ってくれているものの、存在なのでした。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

優しく包むもの、暖かく見守るものどうしは、つながっていて、

私を見守ってくれているものとも、つながっていて、

きっと、ひとつのものなのでしょう。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

私たちはみな、つながっているのでしょうか。私には、

粉川さんが、そんな奥深くを見つめているように思えたのです。


「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

この24作品全て、ひとつひとつの中に、粉川さんがいるのです。

そして私は、こうも思いました。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

芸術は、「無」から「有」を生み出すのではない。

芸術は、「有」から「有」を生み出すのだ。

いわば「苦難」のような、マイナスと思われることからでさえも。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

そして、この粉川さんの油彩画展「Lights ~ 愛しい光たち」に、

もうひとつ、25点目の作品があることに、私は気付いたのでした。

きっとその作品が、粉川さんの代表作なのでしょう。

「Lights ~ 愛しい光たち」の24作品と、粉川江里子の代表作

画家、粉川江里子さん、ご自身です。