icon

オオタキラジオ ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

〈9466〉

春になると現れる、虹色の背中が美しいハンミョウは、人が近づくと飛んで逃げ、少し先に着地して後ろを振り返る、そんな行動を道案内にたとえ、「ミチシルベ」「ミチオシエ」という別名があるそうです。そう言えば私はこの年の春、道先案内人の登場を切望していたことを思い出しました。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

横浜最大の森林で、2011年春に撮影したハンミョウの画像を見ていたら、道先案内人の登場を切望していたことを思い出しました。点と点をつなぐ、今でもつながっています( 2019.05.03)

2019.05.04

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

横浜市の南端、鎌倉市との境にあり、周囲の市民の森と一体となって横浜最大の森の一角に、横浜自然観察の森はあります。入口は何カ所かあり、私は間違えて隣接する、上郷・森の家に入ってしまい、その奥にある、「森の家口」から入りました。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

初めての散策地、立派な入口を入った途端こんな様子、聞く人もなく慌てました。森の中からは、うぐいすや野鳥の鳴き声が聞こえてきます。

右手の樹の枝の上にリスでしょうか、やわらかい「おっぽ」が、逃げて行くのが見えました。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

散策路が、アスファルト舗装道になりました。

「チョットコイ、チョットコイ」と、さきほど見かけたコジュケイが鳴き始めました。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

樹々の影の間の路面の日向のところで、何か七色に光が動いています。虹色の背中が美しい、ハンミョウでした。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

人が近づくと飛んで逃げ、少し先に着地して後ろを振り返る、そんな行動を道案内にたとえ、「ミチシルベ」「ミチオシエ」という別名があるそうです。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

ですがハンミョウは、路面を横切るグレーチングの隙間から、下の側溝の中へと落ちてしまいました。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

2011年、この年の春、私に限らず多くの人はきっと、道先案内人の登場を、切望していたことでしょう。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

側溝の中から何事もなかった様に、上がってきたハンミョウは、

また、私の道案内を始めてくれました。肉食性だからでしょうか、頑丈な口に驚きました。頼りがいのあるハンミョウでした。

道先案内人に、行き先をたずねたかった春

虹色の背中を追いかけて行けば、行くべき道を進むことができる、2011年の春から、2019年の春まで、点と点はつながっています。この先もずっと、点をひとつでも多く、つなげていきたいのです。

https://anity.ootaki.info/9466/