icon

オオタキラジオ ↘

最近の投稿 ↘

マイセレクト ↘

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

〈9408〉

私はもう何年もiPhoneユーザーなのですが、先日、Androidのスマホを購入しました。携帯電話として使うのではなく、グーグルの書き起こし機能「音声文字変換(Live Transcribe)」専用として使うためです。これは、話した内容をそのまま文字へ書き起こしてくれる、タイピングが億劫な私にお誂え向きな入力方法なのです。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

「音声文字変換(Live Transcribe)」をするために、Androidのスマホを購入しました。最近のスマホは、アクセシビリティ(Accessibility)が高くいです。テキストはScrapboxにコピーしMacと連携させます( 2019.08.16)

2019.08.17

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

「音声文字変換(Live Transcribe)」とは、グーグルが2019年2月に発表したアプリです。話した内容をそのまま文字へ書き起こしてくれる、驚くほど便利な機能なのに無料です。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

詳しい内容はGoogle Play Storeで、「音声文字変換」で検索ください。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

残念ながら「音声文字変換」は、Androidでのみ利用でき、iPhoneでは利用できないのです。そこで、Androidのスマホを購入することにしました。

「音声文字変換」専用にするのが目的、CPUの性能は低くて大丈夫なので、安価な機種を選びました。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

私が選んだのは、モトローラ「Moto G7」です。3万円ほどでAmazonから購入しました。

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 4GB/64GB

SIMフリーなので、格安SIMを差してもいいのですが、Wi-Fi環境でのみ使うのであれば、SIMを差さないままで使うことができます。

レンズの下のあるボタンが指紋認証になっていて、人差し指を当てると立ち上がるのが、地味に便利です。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

私のお盆休みが終わると、たくさんの宿題が終わらないと、娘がピンチな様なのです。公民の課題図書「夢へ翔けて」の、読書感想文が書けないと相談されました。まさに「音声文字変換」の出番です。


この本のあらすじを話す様に娘に頼み、私は「音声文字変換」をスタートさせます。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

すると画面には、テキストがリアルタイムで書き起こされていくのです。 いつまでもずっと記録していきます。適当な所で止めると、テキスト全体をコピーします。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

ペーストする先は、Scrapboxです。「夢を翔けて」というページを作成し、全文をペーストします。ScrapboxはPWAにして、デスクトップにアプリの様に登録してあるので、アイコンをタップすると瞬時にScrapboxが立ち上がります。スマホでの作業はここまでです。


娘のMacBookAirで、感想文を書き始めます。その手順です。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

・MacBookAirのWEBブラウザで、Scrapboxの「夢を翔けて」のページを開く。

・長く続いたテキストを、句読点を入れながら箇条書きに分解する。

・箇条書きを取捨選択しながら、文、段落へと再構築する。

・縦書きができるワープロアプリの、原稿用紙のテンプレートにコピーし、枚数、20文字改行を意識して仕上げる。

グーグルの書き起こし機能「音声文字変換」が、読書感想文を手助けする

私の中学時代は昭和50年代、私も同様に感想文には悩み、何度も書いては消しの繰り返しでした。

振り返ると、紙の上での書いては消しの作業が、無駄な様に思えるのです。 対してスマホやMacを使いこなしての、効率的な作業を教えることができた、娘の令和の夏休みでした。

https://anity.ootaki.info/9408/

オオタキラジオ