廊下から使う洗濯機(洗濯機の位置)〈9931〉

車いすユーザーが使いやすい洗濯機は、横から使うドラム式です。洗濯機の位置を変えずに、廊下から使うように、洗濯機を横向きに置くだけで、使いやすくなることに気づきました。そこで、以前は片引き戸だった洗面室の入口を、引き違い戸に造り直すことになりました。

廊下から使う洗濯機(洗濯機の位置)

洗濯するときは戸を右に寄せ、洗面室に入るときは戸を左に寄せます。バリアフリーリフォームでは発想の転換が必要です。アイディアが閃いたときはちょっぴり嬉しい(2017.08.28)


車いすを横向きにして、洗濯機に近づくと、洗濯物を出し入れしやすくなります。

洗面室は、洗面台と洗濯機スペースをのぞくと、1帖に満たないの大きさでした。

洗濯機は90度向きを変えただけで、位置も洗濯機パンもそのままです。

洗面室はスペースを拡げることなく、廊下から横向きで近づけるようになりました。

Image

このお住まいの、洗面室でのバリアフリーリフォームは、

この出入り口を片引き戸から引き違い戸にすることと、

既存の洗面化粧台を、車いすでも使いやすくするために、

洗面化粧台下部の、扉と底板を取り外すことでした。