icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

心地よさは、隠れた配慮に支えられている

〈9920〉

「ビフォー・アフター」という、リフォームのテレビ番組があります。もちろんこれは、「住まいのビフォー」と「住まいのアフター」を指しています。しかし、星合さんのお住まいのリフォームで、もっとも変化したのは、設計者である私自身でした。と言うのも、星合さんからは、たくさんのことを教わったからなのです。

心地よさは、隠れた配慮に支えられている

私が当時、朝日新聞に連載していたコラムが目にとまり、以前から計画していたリフォームを、お願いしたいと連絡をいただきました。初めて訪問したときに、ニコニコと記事のスクラップ帳を見せていただきまして...。心地よさ、 ほんとうの住まい( 2017.09.08)

2019.12.10

心地よさは、隠れた配慮に支えられている

このお住まいは当時の建築家が設計をした、大屋根が美しい木造2階建て。縁側のような書斎と、浴室と洗面室も、増築して欲しいとのことでした。また、気軽に庭に出やすいように、勝手口もつくりたいとのことでした。

心地よさは、隠れた配慮に支えられている

高齢になると、友人や来客を招く機会は少なくなるので、応接間は寝室にすることになりましたが、それには、もうひとつの理由がありました。

このお住まいには、すでに快適な寝室があり、その部屋で、お母様の介護をしていたそうです。そのことをあまり思い出したくないので、今回のリフォームでは、ご自身の寝室を新たにすることになったのです。

心地よさは、隠れた配慮に支えられている

プランが確定したときに、こんなエピソードがありました。事務所のスタッフが、星合さんにこう尋ねたそうです。

「大瀧は、東南の角の一番日当たりのいい場所に、」

「浴室と洗面室を配置したのですが、本当にいいのですか?」


心地よさは、隠れた配慮に支えられている

星合さんは、答えたそうです。

「入浴も洗面も朝日のさし込む中の方が、気持ちがいいもの」

「あなたも私くらいの年齢になるとわかるわ」


心地よさは、隠れた配慮に支えられている

「明るくゆったりと読書ができる書斎をつくりたい」というご希望に答えた、サンルームのような書斎です。

心地よさは、隠れた配慮に支えられている

好きな読書に没頭できるように、椅子の後ろにある引き戸を開ければ、すぐにトイレがあります。また、隣の寝室に戻れば、ベッドに横になることもできます。「居心地のよさ」は、そんな隠れた配慮に支えられています。

心地よさは、隠れた配慮に支えられている

このひとに出会わなかったら、自分の運命は変わっていただろうと、思うひとが何人かいます。星合さんも、そういうひとでした。星合さんは私にとって、大切な住まい手さんであり、手厳しい、バリアフリー住宅のご意見番でもありました。

https://anity.ootaki.info/9920/

アニティデザイン