車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚〈9822〉

左側の引き戸は玄関室、玄関室から直接このLDKに入ります。このお住まいは1階建てで、廊下を省いき出来るだけLDK広くしました。バリアフリーキッチンのカウンターは、リビングに少しだけが面しています。

車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

家具の色を隣りの建具に合わせられるのも、オーダー家具のメリットです。食器棚は明日取り付けます(2017.12.15)


車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

バリアフリーキッチン側面のエンドパネルには、

スイッチやコンセントを取り付けています。

キッチン水栓は吐水口の先端で、吐水止水の操作ができます。

車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

バリアフリーキッチンのカウンターは、ステンレス(ヘアライン仕上げ)でシンクと一体です。

シンクの下のみを開口にし、収納量を優先しました。


キッチン背面の壁には、オーダー製作の食器棚を取り付けました。

車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

食器棚は上部と下部に分割し、中間部分がオープンになっています。

そこへ調理家電を、たくさん並べられるようにしました。

車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

食器棚の上部は、両開き扉の吊り戸棚です。

扉には、耐震ラッチを取り付けてあります。

上部のステンドグラスは、奥の納戸に採光します。

車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

食器棚の下部は、すべて引き出しです。奥行きは48cmです。

既成の食器棚の奥行きは、45cmが多いのですが、45cmでは、

電子レンジによっては、はみ出してしまうことがあるからです。

車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

上部の引き出しの高さは浅くして、箸などをしまいやすくしました。

引き出しの幅は、イケアの引き出しトレーに合わせました。

車いすユーザーのバリアフリーキッチンと食器棚

引き出しは3段あり,上段、中断、下段、それぞれ高さを変えました。

家具の色を隣りの建具に合わせられるのも、オーダー家具のメリットです。