icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

注文の多い料理店・序(2)姥樫

〈9820〉

姥樫(ウバッカシ)。「姥のような老樹」という意味から、そう呼ばれている巨木が、埼玉県ときがわ町にあります。和名はアカガシ(赤樫)。暖かい地方の山地に多い、ブナ科の常緑高木です。幹周りは、約6.6m。その幹が大きくねじれているのは、何百年もの間、斜面に立つ自身を支えるためなのでしょうか。

注文の多い料理店・序(2)姥樫

ときがわ町は面積の約7割を山林が占め、古くから『木のくに』として、森や木々を大切に守り育ててきました。姥樫の周辺は、落石のおそれがあります。十分お気を付けください(2017.12.17)

2017.12.17

姥樫(ウバッカシ)

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、

きれいにすきとおった風をたべ、

桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

姥樫(ウバッカシ)

またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、

姥樫(ウバッカシ)

いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしゃ)や、

姥樫(ウバッカシ)

宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。

姥樫(ウバッカシ)

わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。

姥樫(ウバッカシ)

これらのわたくしのおはなしは、

みんな林や野はらや鉄道線路やらで、

虹や月あかりからもらってきたのです。

姥樫(ウバッカシ)

ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、

十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、

もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。

姥樫(ウバッカシ)

ほんとうにもう、

どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、

わたくしはそのとおり書いたまでです。

姥樫(ウバッカシ)

ですから、これらのなかには、

あなたのためになるところもあるでしょうし、

ただそれっきりのところもあるでしょうが、

わたくしには、そのみわけがよくつきません。

姥樫(ウバッカシ)

なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、

そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

姥樫(ウバッカシ)

けれども、わたくしは、

これらのちいさなものがたりの幾(いく)きれかが、

おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、

どんなにねがうかわかりません。

大正十二年十二月二十日 宮沢賢治『注文の多い料理店』序

https://anity.ootaki.info/9820/