車いすユーザーが簡単な調理がしやすい、フロート設置の食器棚〈9811〉

このリビングは洗面コーナーもあり、多目的に使うことができます。トイレや寝室に隣接させコンパクトな動線になっています。このリビングに似合う食器棚は既成のものではなく、オーダーメイドで製作することにしました。

車いすユーザーが簡単な調理がしやすい、フロート設置の食器棚

食器棚の両脇には、引き戸があります。引き戸と同じ面材で揃えました(2017.12.26)


この食器棚は上部が引き違いの戸棚、中段は調理家電のスペースです。

左側には電子レンジを、右側にはトースターを置きます。

下部の引き出しには、幅や高さのバリエーションをもたせました。

電子レンジから取り出したものを、すぐに置けるように、

スライド棚を造りました。その下の引き出しは、

皿やお椀などを収納できるように、大きく深めの引き出しのしました。

右側には、3段の引き出しを造りました。

引き出しの高さはそれぞれ変え、

一番上の引き出しは箸類を入れるので、60mmと浅くしています。

車いすのフットレストや、つま先が食器棚にぶつかると、

近づくことができないので、

床から25cm浮かべて、食器棚を壁に取り付けました。

奥に見える洗面台も下部をオープンにして、

車いすで使いやすいものを選びました。