外観は「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から〈9804〉

『遠くから建物に近づいていくにつれて、だんだんとその建物を理解していく』私が美しい感じる建物は、そんな建物です。「遠景」では、建物全体のフォルム。「中景」では、建物の表情。「近景」では、建物内部を示唆する。建物の外観デザインは、「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から、検討しています。

外観は「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から

元旦に近所の神社に初詣に行きました。神社に近づいていくと、まず見えてくるのは、遠景を受け持つ屋根です。大きなひとつ屋根は、人を引き寄せる力があるようです(2018.01.02)


「遠景」では、建物全体のフォルム。

大きなひとつ屋根が、美しく見えます。

外観は「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から

「遠景」で大切なのは、屋根の形です。

快晴です。真っ青な空を、屋根は縁取ります。

空と接する、そのアウトラインがどうなるのかを、

屋根の形を考える時に、大切にしています。


「中景」では、建物の表情。

遠景で見えていた屋根と、外壁面の組み合わせです。

外観は「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から

「中景」では外壁面の表情がわかり、その建物を理解し始めます。

深い軒の出がつくる陰影も、建物の美しさを引き立たせています。

道ゆく人たちに、「もっと近寄りたい」と思わせたいですね。


「近景」では、建物内部を示唆する。

建物を目の当たりにして、詳細がはっきりとわかります。

建物に入らずしても、その内部が、どうようなのか想像できます。

外観は「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から

よく「軒裏は、第5の立面」といいます。

近景では、屋根は見えなくなり、軒裏が見えてきます。

東西南北の立面4面に続いて大切なのが、この「軒裏」です。


「今年もまた、たくさんの住まいてさんに出会えますように」

本当に真っ青な空。風もなく暖かい初詣でした。

今年は、いいことがたくさんありそうです。

外観は「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から

初詣の帰り道、公園に立ち寄りました。

公園の向かう側には、家いえが建ち並びます。

外観は「遠景」「中景」「近景」それぞれの視点から

建ち並ぶ建物を遠くから眺めると、まず屋根が目に入りますね。

外壁や窓は、大きく違わないのに対し、屋根の形、色は様々です。

「街並みに調和すること」同時に「街並みに埋没しないこと」

その相反する条件を、対比させながら、建物の外観を設計しています。