『水回りをワンルームに』車いすを想定したマンションリフォーム(4)〈9759〉

車いすユーザーが使いやすいトイレを考えると、便器の脇には、移乗やその介助のためのスペースが必要です。そのためには2帖程度の広さが必要ですが、限られた面積の中ではトイレを広げることは困難でした。その代わりに、トイレと洗面室をワンルームにして広さを確保しました。また、水回りの段差も解決していきました。

『水回りをワンルームに』車いすを想定したマンションリフォーム(4)

左側はトイレの引き戸、右側は洗面室の引き戸です。向こう側の廊下との段差はありません。廊下の幅は110cmと広くしたので、車いすで出入りしやすくなりました(2018.02.16)


ですが、トイレと洗面室をワンルームにするこの形式は、

「落ち着かない」とあまり歓迎されません... 。

車いすを想定したマンションリフォーム

そこで考えたのが、ワンルームにしたトイレと洗面室とを、

「折り畳み扉」で間仕切ることにしました。

トイレには廊下から直接入れますし、洗面室を通っても入れます。

車いすを想定したマンションリフォーム

廊下から洗面室に入る、引き戸の幅は90cmあります。

洗面室とトイレの間は「折り畳み扉」は、全開すれば100cm以上あります。

「2方向から出入りできるトイレ」になり、車いすでゆったりと動けます。


そして、難しかったのが「水回りの段差解消」でした。

リフォームする前は、室内の各所の段差がありました。

車いすを想定したマンションリフォーム

玄関の上がりかまちの段差は3cmしかなく、出入りには好都合でしたが、

その代わりに廊下から、トイレ・洗面室への段差がまず10cmあり、

さらに洗面室から浴室までの段差が、さらに10cmありました。

車いすを想定したマンションリフォーム

これは、床下のコンクリート構造床が、平らに造られているからで、

ユニットバスや洗面室の床下は、配管経路となるために、

廊下と平らにすることは困難です。


そこで、「使用頻度に合わせて」の段差処理を考えました。

洗面室床下の配管経路を壁際に寄せ、床下が配管経路とならない床を、

廊下と平らにできました。

車いすを想定したマンションリフォーム

水回りの使用頻度は、入浴は1日1度のこと、洗面は1日に数回、

トイレはもっとも多いでしょう。

ですから、廊下とトイレ・洗面室の段差を優先的になくしました。

その結果、洗面室から浴室の段差が16cm残りましたが、

持ち運びできるスロープを洗面室の床に置き、

車いすでも対応できるようにしました。


また、浴室とトイレに、介助用リフトが必要になったときには、後付けすることができます。

車いすを想定したマンションリフォーム

今後、その時の状況に応じて対応できるように、リフトを設置する位置は検討してあります。