『フリーマインド』車いすを想定したマンションリフォーム(5)〈9758〉

車いすを想定したマンションリフォーム(1)から(4)まで、このお住まいをご覧いただき、 「この程度のリフォームなら、どこにでもありそうだ」と思っていただいたのなら、私にとってうれしいことです。バリアフリーのリフォーム、車いす利用者のためのリフォームは、何も特別なことではないからです。

『フリーマインド』車いすを想定したマンションリフォーム(5)

掃き出し窓から見える景色は8割近くが緑、リビングはゆったりとして気持ちのよさそうでした(2018.02.17)


車いすを想定したマンションリフォーム

「バリアフリー」とは、『障がいがある方のための配慮』、なのでしょうか。

単に、車いすユーザーの、ご主人にとって使いやすいだけなら、

ご主人は、家族さんに対して申し訳なく思うでしょう。

だから、「家族全員にとって使いやすいこと」を大切に考えました。それが、

広い廊下や、広くなるトイレなどのアイディアへと、つながっていきました。

車いすを想定したマンションリフォーム

このお住まいの小さなアイディアは、「バリアフリー」というよりも、

『フリーマインド』というほうが、私の気持ちにより近いようにも感じます。

「とらわれない心」、という意味です。

大きな発明をするというよりは、身の回りの小さなアイディアを、

ひとつひとつ発見していく姿勢を、常に持っていたいと考えています。

車いすを想定したマンションリフォーム

ご主人は進行性の難病なので、将来は車いすでの時間よりも、

ベッドに寝ている時間の方が、多くなってしまうかもしれません。

そうなったときに、手を加えたいことが、もうひとつあるのです。

バルコニーにすのこを造り、居間の床と平らにしたいのです。

気の向いた時にバルコニーに出て、直接外の空気を感じられるからです。

車いすを想定したマンションリフォーム

そんな日々の生活の中の、ありふれた期待に答えられることも、

住まいの大切な役割なのだと、考えることができました。

『バリアフリーをつくる』私の仕事は、実現させていただいてこそ、

私の学びとなります。このお住まいのリフォームは、

私にとって忘れられない、大切な仕事になりました。