マンションの洗面室、最低限のバリアフリーリフォーム〈9747〉

住まいてさんは20代の男性で脊椎損傷の、車いすユーザーです。洗面室で解決したかったことは、「洗面化粧台」と「洗濯機」についてでした。車いすユーザーが使うには、充分な広さではない洗面室でしたが、最低限のバリアフリーリフォームを考えました。

マンションの洗面室、最低限のバリアフリーリフォーム

入居前のマンションリフォームです。洗面室でのバリアフリーリフォームは、既存の洗面化粧台を、車いすでも使いやすくすること。出入り口を片引き戸から、引き違い戸にすることとでした。洗濯機も使いやすくなりました( 2018.02.28)


購入したばかりのマンションなので、一度も使っていない洗面化粧台を、撤去するには、気が引けました。

マンションの洗面室、最低限のバリアフリーリフォーム

既存の洗面化粧台は、間口1mのカウンタータイプで、

左側には2段の引き出し、右側は両開き扉になっていました。

車いすで使うためには、足が両開き扉にぶつかってしまうので、

その扉を取り外し、底板の手前の部分をカットしました。

また、車いすのアームレストがぶつからないように、

カウンターを支える「リブ」もカットしました。

車いす対応の洗面化粧台に、取り替えることなく、

既存のものを活かし、車いすで使えるようになりました。

マンションの洗面室、最低限のバリアフリーリフォーム

洗面化粧台が解決すると、次は「洗濯機」の使い勝手を考えました。

車いすユーザーが使いやすい洗濯機は、横から使う「ドラム式」です。

ドラム式洗濯機へは、横向きで近づけるようにしたいのです。

ですが洗面室は、洗面台と洗濯機スペースをのぞくと、

「1帖に満たない広さ」しかありませんでした。そこで、

マンションの洗面室、最低限のバリアフリーリフォーム

「洗濯機の位置を変えずに、洗濯機を横向きに置き、

廊下のスペースを活用する方法」がひらめきました。

廊下から入る洗面室の出入り口は、「片引き戸」でしたが、

今回のリフォームで、「引き違い戸」にしました。

こうすれば、「洗濯機を廊下側から使う」ことができるのです。

マンションの洗面室、最低限のバリアフリーリフォーム

洗濯機を置く向きを「90度」変えただけで、洗濯機パンもそのままです。

マンションリフォームでは、洗面室など水回りスペースを拡げることは、

コストがかかってしまいますが、

出入り口を「引き違い戸」に取り替える、程度のことであれば、

コストを抑えられます。


ここだけの話なのですが、色々な住まいてさんから、

リフォームの依頼をいただくと、その住まいてさんの思いとは反対に、

「リフォーム」しなくて済む手段も、私は同時に考えているのです。