icon

アニティデザイン ↘

オオタキラジオ ↘

待ってあげることこそ、最良の親切なのです

〈9744〉

先日お伺いした、2組の住まいてさんのお宅で、とてもいいお話しを聞かせていただきました。期せずしてどちらの内容も、私が遠ざけている言葉、『お手伝いできることがあれば、何でも言ってくださいね... 』の、まさに対局にある『言葉』についてでした。その言葉というのは... 。まあ皆さまも、急がずにお付き合いください。今日はいつもより、回りくどいですよ。

待ってあげることこそ、最良の親切なのです

『時は金なり』ということわざは、『時間を大切にしなさい』みたいな意味なのでしょうが、友人の当麻さんは、時間を『豊かにする』達人です。いつも丁寧に、コーヒーを淹れてくれます(2018.03.03)

2018.03.03

待ってあげることこそ、最良の親切なのです

午前中のお伺いしたお住まいは、23年前に建てさせてもらった、

バリアフリー住宅です。住まいてのOさんは車いすユーザーで、

今日は、こんなお話しを聞かせていただきました。

退院して住まいへと戻り、まだ間もない頃のことだそうです。

お仲間さんたち一同で、とある料亭へ出かけた時のお話しです。

待ってあげることこそ、最良の親切なのです

到着した料亭は座敷き間で、車いすから降りる必要がありました。

Oさんは入り口で、靴を脱ぎ始めようとすると、

お仲間さんのひとりが、『手伝ってあげるよ』と、

Oさんの靴を、脱がし始めてくれました。

もちろんそれは、仲間ゆえの優しさからのことでした。

待ってあげることこそ、最良の親切なのです

すると、他のお仲間さんの方が、それを制するように言いました。

『大丈夫、手伝わなくてもいいから』

『手伝ってもらいたい時には、Oさんがちゃんと、自分で言うから』

『時間がかかるかもしれないけど、待ってあげることが最良の親切なのよ』

その方は、Oさんの気持ちを推し量ってくれたのでした。

待ってあげることこそ、最良の親切なのです

「そうなのか。待ってあげることなのか」と、私は聞き入りました。

「お手伝いできることがあれば、何でも言ってくださいね」

と言うよりも、Oさんの気持ちに寄り添う言葉に感じられます。

そう感じられる理由は、「お手伝い」の送り手と受け手の、

お互いの『目線』が同じ高さになるからだと、Oさんは言いました。


『大切なことは2度起こる』って、よくいいませんでしたっけ。

Oさんのお宅を後にし、午後からお伺いしたMさんのお住まいは、

5年前に建てさせてもらった、バリアフリー住宅です。

待ってあげることこそ、最良の親切なのです

このMさんからも、いい話を聞かせていただきましたが、

そのお話しは、明日に続きます。

皆さまにとっても、『待ってあげることが、最良の親切』ですので... 。


https://anity.ootaki.info/9744/