こどもはオトナの父(The child is father of the man)〈9743〉

まるで子どもが描いたような、本当に自由なモザイク壁画です。丸の内の東京會舘のロビーに入ると、すぐに私は目を奪われ近づき、思わず手で触れてしまいました。なんて自由なんだろう。なんて迷っていないのだろう。「私の中の小学生」。子どもの心を持ち続けるとは、こういうことなのですね。

こどもはオトナの父(The child is father of the man)

『都市・窓』猪熊弦一郎。描かれたものでなく、白や赤の小さなモザイクタイルが、散りばめられています。東京會舘は現在建て替え工事中です。この壁画はどうなるのでしょうか...(2018.03.04)


こどもはオトナの父

司馬遼太郎から、小学校教師の著者への手紙だそうです。

「こどもはオトナの父」

ふしぎですね。小生は8月で七十という頽齢(たいれい)ですのに、

中身にはたっぷり小学生がいます。

「こどもはオトナの父」という英国のたれでしたか、

そのように言ったことばを思いだします。

私の中の小学生が、物や事を感じさせてきて、

私のなかのオトナが、それを論理化し、

修辞を加えてきたに過ぎないのかと思ったりします。

神山育子『こどもはオトナの父―司馬遼太郎の心の手紙』朝日出版社 1999

著者(小学校教師)は、司馬遼太郎の「洪庵のたいまつ」と、

「二十一世紀に生きる君たちへ 」を、授業の教材にしたそうです。

授業を終え、子どもたちの感想を、司馬遼太郎へ送った後、

司馬遼太郎から届いた、心温まる手紙です。何度も読み返しました。


こどもはオトナの父

「英国のたれ」とは、イギリスの詩人、ウィリアム・ワーズワースのことで、「こどもはオトナの父」は、詩「虹(My Heart Leaps Up)」の中にありました。

「The child is father of the man」

空にかかった虹に自然の偉大さと、

それを前にした人間の敬虔な気持ちの大事さを歌う。

The Child is father of the Man は、

文字通りには「子どもは大人の父」という意味だが、

子どもの頃に抱いた抱負が、その者の大人になったときの姿勢を、

きめるということをいいたいのだろう。

ウィリアム・ワーズワースの詩「虹」My Heart Leaps Up を読む。(壺齋散人訳)


こどもはオトナの父

もっとも、心にコドモがいなくなっている

オトナがたくさんいますが、それはもう、

話すにも値いしない人間のヒモノですね。

神山育子『こどもはオトナの父―司馬遼太郎の心の手紙』朝日出版社 1999


「三つ子の魂百まで」と言ってしまうと、少し意味が違うように感じます。

子供のころの純真な心を持ち続け、そこから学びとったことは、

後に大人になったとき、様々な場面で有形無形に、表れてくるはずです。