私たちの50年前の思い出と、住まいてさんの未来〈9727〉

思い出。思い出というのは、心の中のアルバムにある1枚1枚の写真です。私の日々の仕事、住まいづくりの中で、その写真を思いがけなく見つけることがあります。この3階のバルコニーに立って、ふたつの寝室の上に広がる青空に目をやった時も、そんな時でした。

私たちの50年前の思い出と、住まいてさんの未来

通学路の交差点に建つ、3階建ての住まい。その交差点から見上げると、3階の部分が後退してバルコニーになっています。10帖の広さがあるバルコニーは、2辺を寝室の外壁で囲われているので、風が通り抜けず、屋外でありながらも、屋内的な雰囲気になりました(2018.03.20)


私たちの50年前の思い出と、住まいさんの未来

幼稚園に入園する前の、思い出だと思うのです。

仕事から帰ってきた父が、夕食を終える。

それを待っていたかのように、畳にあぐらをかき寛ぐ父の両膝に、

私と弟は座りこみ、父の肩へ首へと手をやるのです。

母は『お父さんは疲れているんだから』と、やめるように言い、

『構わないよ』父は言う。そんな場面が、毎晩繰り返されていたのです。

私たちの50年前の思い出と、住まいさんの未来

当時、私たちが暮らしていた家は、6帖と4.5帖の和室に、

玄関・便所・台所・浴室があるだけの、古く狭い平屋の家でした。

当時の私たちにとっての父は(父の仕事が大工であるということを、理解していないとは思うのですが...)、

その「古く狭い平屋の茶の間」を敷地として建つ、

1棟の「2階建ての頑丈な家」のようなのでした。

私たちの50年前の思い出と、住まいさんの未来 この3階のバルコニーに向かい合う、ふたつの寝室。

このふたつの寝室が、なぜ私に、そんな茶の間での場面を、

思い出させたのか。バルコニーから降りて交差点に出てみると、

その理由が、はっきりとわかりました。

私たちの50年前の思い出と、住まいさんの未来

交差点から見上げると、このふたつの寝室は、まるで、

父の両肩につかまっている、幼い頃の私たちのようなのです。

きっと、このお住まいでも来月からは、

そんな場面が、展開されていくのでしょう。

私たちの50年前の思い出と、住まいさんの未来

今から50年ほど前、父の左膝にのっていた私は設計を、

父の右膝にのっていた弟が、木工事を受け持ちました。

あと1週間で竣工する、このお住まいには、

私たちの50年前の思い出と、住まいてさんの未来とが同居しているのです。

私たちの50年前の思い出と、住まいさんの未来

そんな私の、50年前の思い出を押し付けられて、

住まいてさんは、さぞ迷惑なのかもしれませんが、

住宅を建てるという、設計から施工までの一連の仕事の中で、

私が消したつもりでいる、数々の「下書き」の線は、

その線が古いほど、完全には消せないようなのです。