icon

オオタキラジオ ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

新学期からの課題は、iPhoneアプリを作ること

〈9715〉

2018年4月1日ですが、エイプリルフールではありません。私は思うところがあり、この新学期から、iPhoneアプリを作ることにしました。もちろん本業ではないので、一からの勉強ですが、iPhoneアプリを作ることは、思ったよりもハードルは低くなっているようです。

新学期からの課題は、iPhoneアプリを作ること

住まいてさんというよりも友人に近い、Sさんと一緒に一からの勉強です。Sさんも私同様の早朝から仕事するスタイルです。疑問点があると、朝4時頃からFaceTimeミーティングが始まります(2018.04.01)

2018.04.01

iPhoneアプリを作るきっかけは、よりよい「バリアフリー住宅」を、造りたいからでした。それは、工務店としての仕事では不十分なのでした。

車いすユーザーは一旦ベッドに横になると、何か用事があって車いすに、移乗するのには、時間が少しかかってしまうそうです。例えば、来客が来たとき、その少しの時間でも、待たせるのは心苦しいそうです。

新学期からの課題は、iPhoneアプリを作ること

ほうとうの「バリアフリー住宅」とは、そんな『来客を待たせてしまう... 』と、いったようなマイナスな気持ちも、なくせることだと思うのです。

そのためには、私の住まいづくりの仕事だけでは完結しないのです。まずはベッドから、リモコン操作するためのアプリをつくってみます。

新学期からの課題は、iPhoneアプリを作ること

テキストに選んだのはSさんに薦められた、この1冊です。

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 増補第6版

【Swift 4 & iOS 11】完全対応 Kindle版

著者:高橋 京介 出版社:SBクリエイティブ

この本の特徴は、まず先に実習があり、その中での疑問点を追って、説明していく点です。単行本もありますが、私はKindle版にしました。固定レイアウト型なので、大きなディスプレイの方が読みやすいです。

新学期からの課題は、iPhoneアプリを作ること

「いちばんやさしい iPhoneアプリ開発の入門書」とありますが、とても素晴らしい本です。ところどころ、悩んでしまう所がありましたが、この本の手順通りに進め、「カメラ」アプリを作ることができました。このMacから私のiPhoneへ、このアプリを転送することもできました。

新学期からの課題は、iPhoneアプリを作ること

遊歩道を散歩するには、気持ちのいい日曜日、なのに私は、書斎にこもりっきりだったのです。自分で作った「カメラ」アプリを入れた iPhoneを片手に、早速、桜の花びらが舞い始めた、遊歩道を歩きました。

新学期からの課題は、iPhoneアプリを作ること

自分で作った「カメラ」アプリで、パチリ。パチリ。なんてことはない、「カメラ」アプリなのですが、自分で作ったアプリを、毎日、手放さない iPhoneで、早速使えたことに感動しました。

自宅の書斎では、仕事だけでなく毎日のオオタキラジオで忙しいのですが、何とかアプリの製作を進めて、いち早く実用的なものを完成させたいです。

https://anity.ootaki.info/9715/