インターネットでの情報発信は、『声』という楽器〈9699〉

20代前半の頃の私は、多くの建築家を訪ね歩いていて、ある建築家から、こう言われたことがありました。『建築家になりたいのなら、何でもいいから楽器をひとつ始めなさい』、その理由までは説明してくれずに『声という楽器、歌うことでもいいから』と、建築家は続けたのでした。その声という楽器、私はいつの間にか身につけているようです。この「オオタキラジオ」です。インターネットでの情報発信は、私の、『声』という楽器なのです。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

さてオオタキラジオ、〈9699〉301番目の記事は、30年前の思い出話から始まりました。〈9600〉番台も、よろしくお付き合いください。毎日「2分間」という時間を頂ければ嬉しいです。この記事の画像は、狭山丘陵の里山が春を迎えた様子です(2018.04.17)


そもそも、私が『インターネット』というものを初めて知ったのは、

ハードウェアに詳しい技術者の、住まいてさんからでした。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

色々とインターネットの説明を聞き、「なるほど、無料で色々な情報が手に入るのですね!」と、私が言うと、『違うよ』と、頭を振るのです。

『無料で自分が伝えたいメッセージを、世界に向けて発信できるんだよ』

『情報の発信者になれることこそ、インターネットの本当の価値なんだよ』

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

『この住まいてさんから教わったことを、次の住まいてさんにも伝えたい』

そんな気持ちから、大滝建築事務所のホームページを作成し、

かれこれ20年ほどになりましたが、

今のように毎日記事を書き続けることにしたのは、2017年6月からです。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器 毎日、記事を書き続ける生活となって、変わったことがあります。

時間を大切にして、執筆する時間にあてたいと思うようになりました。

そして、仕事をしている時でも、誰かとお話ししている時でも、

家で食事をしている時でも、ベッドで横になっている時でも、

常に取材をしている気持ちで、自分の考えをまとめるようになりました。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

毎日、みなさまの「2分間」の時間を頂くので、役に立たなくても、

お読み頂いた方には、あったかい気持ちになってもらいたいので、

何かに対する批判など、マイナスなことは書かないようにしています。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

「2分間」で読み切れる、1,200文字程の記事を書くためには、

毎朝、2時間半以上の時間が掛かってしまいます。ですが、

これは記事を書くためだけに留まらず、日々の住まいづくりの仕事にも、

もちろん役に立っていて、情報発信と仕事とは、私にとって両輪なのです。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

ところで、建築家の『建築家になりたいのなら、

何でもいいから楽器をひとつ始めなさい』という、

その理由とは、いったい何だったのでしょうか?

300の記事を書いてみて、少しだけわかりました。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

『声という楽器』、声というのは、繊細で正直なものですよね。

その人の声には、その人の気持ちや、生き方が反映されています。

何かに対して、その人がどれほど真剣に向かい合っているのかは、

その人の声を聞けば、すぐにわかってしまうことなのです。

インターネットでの情報発信は、『声』という楽器

建築家の「仕事」というのは、住まいてさんの大切な、

「住まい」を造らせてもらうということ。

建築家自身の真剣さを、住まいてさんに見てもらうためには、

自身が造る「住まい」だけではなく、

建築家の普段の『声という楽器』を、

聞いてもらうのがいいのかもしれない。と... 。