icon

オオタキラジオ ↘

最近の投稿 ↘

マイセレクト ↘

「主観的」にならないといけないのは、国語ではなく算数

〈9687〉

オオタキラジオに、書くことが見つからないなと思っていたら、『このことを書いたら!』と、この4月から中学生になった娘が、面白い話をしてくれました。国語の先生から『読書好きなひとほど、実は、国語の記述問題が苦手な傾向がある』と聞き、娘は「なるほど」と思いながらも、『閃いたことがあった!』というのです。

「主観的」にならないといけないのは、国語ではなく算数

昨日お伺いした住まいてさんのお宅で、この「Arduino(アルデュイーノ)」という、マイコンの話しが出てきました。住まいてさんはこのマイコンで、学生時代にロボットを作っていたそうです。どんなことでも、考えることって楽しいですよね(2018.04.29)

2018.04.29

「主観性」が必要なのは、国語もりも算数

読書好きなひとほど、実は、国語の記述問題が苦手な傾向がある

読書好きの娘は、国語の授業で、この話を聞くと、ひとり「なるほど」と、深く納得したそうです。

というのも、娘は本を読んでいると、その物語の中へと、深く入りこんでしまい、「主観的」になり過ぎてしまい、テストのように、物語の「客観性」を求められる事が、どうも苦手なのだそうです。

「主観性」が必要なのは、国語もりも算数

それと同時に、ふと『閃いたことがあった!』というのです。「主観的」にならないといけないのは、むしろ国語ではなく、『算数』なのかもしれないと、娘は閃いたそうなのです。

「主観性」が必要なのは、国語もりも算数

なぜ『算数』なのか、その理由を説明してくれました。

算数には、いくつかの解き方がある。

どの解き方でもいいけど、自分を信じて解き続けないと、

自分の考えを貫かないと、解答には辿りつけないから、

算数の問題を解く時は、主観的にならなければいけない。

なるほど。私は、なるほどと思い、そしてこのことは、私の住まいづくりの仕事でも、同じ事がいえそうだと、私もまた閃き、娘に話そうとしたら、『パパの話はいいから』と言われてしまったので、みなさん、聞いてください。下の記事です。


https://anity.ootaki.info/9687/

オオタキラジオ