icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

〈9683〉

2018年のゴールデンウイーク、旅先での楽しそうな投稿が、SNSのタイムラインを賑やかにしてくれました。さて、私の2018年のゴールデンウイークを振り返ると、今までにない過ごし方となりました。ほとんどの時間を、我が家の2階の書斎にこもりました。そして、数回出かけた先はといえば、某所の住まいてさんのお宅だけ。この住まいてさん、というより、住まいてさんだった友人と、『IoT』のアプリ開発をしていたのです。さながら、学生時代の「部活」のようでした。

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

私は小学生の頃からの、ラジオ少年です。よく建設業社が、『弊社は、お客様に支えられています』みたいなことを書くと、『なに、心にもないことを... 』と、勘ぐりたくもなるものです。ですがこの書斎には、マック、コーヒーカップ、パインの机、お守りなど、住まいてさんから頂いたものがたくさんです。『お客様に支えられています』と、私がいうと説得力がありますよ(2018.05.07)

2018.05.07

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

(アイオーティー)』という言葉をよく聞きますが、『IoT』とは、「Internet of Things」の頭文字で、「身の周りのいろんなモノを、インターネットにつなげる」ことで、私たちが、より快適に暮らせることを目指すことです。

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

この『IoT』は、私の仕事の中心となっている、「バリアフリー住宅」を、もう一歩先のステージへと、進めてくれそうなのです。

バリアフリー住宅を造るために、工務店としての建築の仕事に、いつの間にか身近なものとなっていた、『IoT』を掛け合わせたいのです。

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

ただ、困ったことがあるのです。来月の誕生日を前に、私が使える『自由時間』は、たくさんはないようなのです。日々、少なくなっていく自由時間に、『優先基準』が必要になりました。

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

私の『優先基準』は、次の3項目を満たすことです。

  • ひとつめは、『自分がしたいこと、自分が楽しいこと』です。

  • ふたつめは、『誰かの役に立つ(かもしれない)こと』です。

  • みっつめは、『それを望めば誰にでも再現できること』です。


仕事であるのか、仕事ではなく遊びであるのかに、かかわらずです。今まで私がしてきたこと。これから先、私がしたいこと。

だれにでも再現できるように、そのすべてを記録したいのですが、そもそも、そんなものが、『誰かの役に立つ』のかは、わかりませんが... 。


ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、 十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、 もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。

ほんとうにもう、 どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、 わたくしはそのとおり書いたまでです。

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

ですから、これらのなかには、 あなたのためになるところもあるでしょうし、

ただそれっきりのところもあるでしょうが、 わたくしには、そのみわけがよくつきません。

なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、 そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

2018年のゴールデンウイーク、学生時代の「部活」のようでした

けれども、わたくしは、 これらのちいさなものがたりの幾(いく)きれかが、

おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、 どんなにねがうかわかりません。

大正十二年十二月二十日 宮沢賢治『注文の多い料理店』序

https://anity.ootaki.info/9683/

アニティデザイン