賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと〈9655〉

私の多くない友人を思い浮かべた時、いくつかの共通事項がありました。単に共通の趣味があるということだけではなく、お互いの『自分が大切しているもの』の一致です。そして、私に「何か」を教えてくれる人です。そうそう、大滝建築事務所の依頼主であることも、付け加えておきましょう。そんな友人のひとり、オオタキラジオにはすでに度々登場している、当麻さんをご紹介させてください。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

数年前に、古い応接室の玄関ドアを、おそらく昭和の時代から、何にも進歩していないような、「木目調アルミドア」に取り替えました。網戸もセットになっていて、この四角い穴は、外から網戸の鍵を開けるためのものです。ですが当麻さんは、こんな使い方を閃いてしまったようです(2018.06.27)


賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

ここの主人、当麻さんと最初にあったのは、もう30年程前のことです。

場所は、今はなき天体望遠鏡ショップでした。というのも私が、

その店主の住まいを、建てさせてもらうことになっていたからでした。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

私は初めて、その店を訪れた時、店主が私のことを紹介するや否や、

『オオタキさん、私の家も、お願いします』と、

当時25才の私が、自己紹介するのも待てないかのように、

私は当麻さんから、仕事を依頼されたのでした。

それは、ありがちな「社交辞令」でないことは、自明でした。当麻さんは、

そんな「社交辞令」を言うような、風貌には見えなかったのです。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

それから、ほどなくして、私は当麻さんのお宅を訪ね、

「大切なリフォーム」を依頼されたのでした。

リフォームを終えた後に、奥さんを迎えることになったのです。

当麻さんは37才まで、独身を貫くと決めていたそうです。

というのも、宮沢賢治が、37才の若い死を迎えるまで、

独身だったことに対する、思いからなのだそうです。

当時の私は25才の独身でしたが、私もまた37才まで、

独身を貫くことになるとは、思っていませんでしたが。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

このリフォームは、当麻さんご夫婦に気に入ってもらい、

当麻さんから望遠鏡を1台、譲り受けることになりました。

当麻さんは、たまたま、同じ望遠鏡を2台持っていて、

そのうちの1台を、私にプレゼントしてくれるというのです。

同じ望遠鏡とはいえ、1台は新品同様、もう1台は、

いくつもキズがついてしまった、使いこまれたものでした。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

当麻さんは私に、「新品同様」の方の望遠鏡を差し出しました。

「キズがついている方でいいですよ」と言うと、当麻さんは言うのです。

『このキズには、それぞれの観測での思い出があるから、手放したくないんですよ』

なるほど、天体望遠鏡についてしまったキズは、

「ビークマーク( Beak Mark )」なのでした。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

このような「価値観」に、私は初めて出会い、私は感動しました。

時は「バブル時代」。贅沢なもの、新しいものが溢れていました。

それとは対局にあるものこそ、当麻さんが大切にしたものなのでした。

その舞台となった、この離れの応接室に、

30年経った今も、私は訪ねているのですね。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

話は変わりますが、みなさま、学校でお世話になった恩師を、

WEBやSNSで、検索したことがありますか?

当麻さんと一緒に、「ワタシカラノキョリ」をつくりました。

おそらく、「当麻喜明」の名前で検索したのでしょう。

ワタシカラノキョリ」のコメント欄は、当麻さんとの再会を喜ぶ、

教え子たちのコメントが、たくさん書き込まれるのでした。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

定年退職したものの当麻さんは、中学校の「化学の先生」でした。

宮沢賢治が、岩手県立花巻農学校の先生だったことが、

この「化学の先生」の職を選んだ理由なのだそうです。

ですが当麻さんが、とうとうと、賢治を語ることはありません。

(いつか、このあたりの話を、記事にする必要がありそうです)

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

数年前、当麻さんがFacebookを始めると、ここでも同様に、

当麻さんのページは、たくさんの教え子さんたちで、賑わっています。

私も何人か、当麻さんの教え子さんと会ったことがあります。

そのうちのひとりが、『当麻先生がなぜ愛されているのか』を、

私にそっと、教えてくれました。こんな話です。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

昭和生まれの方なら、ご存知だと思うのですが、「チョコボール」という、森永のお菓子がありました(今でもあります!)。

中にはビー玉ほどの、「チョコボール」が入っているのですが、

その「甘い卵」を取り出すためには、箱の上面にある、

黄色の嘴(くちばし)のような、「ふた」を立てるのです。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

クラスの中で何かを決める時、「多数決」をとりますよね。

普通、「多数決」をとる時は、挙手しますが、

当麻さんが担任のクラスは、違うそうなのです。

「多数決」をとる時、当麻先生は、おもむろに、

かごの中から「チョコボール」の空き箱を取り出し、

生徒ひとりひとりに配り、そして、当麻先生は言うのだそうです。

『みなさん、賛成の人は、黄色のくちばしを立ててください』


そんな当麻さんが、私には、宮沢賢治に見えるのです。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

どの図書館に行っても、私は必ず、賢治のコーナーに行きます。

すると、賢治が自ら書いたものだけでなく、

「賢治とはどういう人だったのか」という本が、たくさんあります。

私にとって賢治とは、書かれているような、偉い『賢治先生』ではなく、

賢治とはおそらく、目の前にいる当麻さんのような人だったと思うのです。

賢治と巣箱とチョコボールと、当麻さんと

いつも当麻さんは、私に「宿題」を出してくれます。

このDVDの中に、オオタキラジオの「甘い卵」が入っているのです。