icon

アニティデザイン ↘

オオタキラジオ ↘

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

〈9645〉

無骨で荒々しいコンクリートの構築物が、優しく感じられるのは、埠頭や消波ブロックが身を挺して、港を守ってくれるからでしょうか。早朝、漁から船が戻ってきた時には、荷物の揚げおろしの通路にもなり、賑やかなことなのでしょう。午後こんな時間に来てみても、波止場には誰もいないのですが、そんな人の気配が感じられ、海と陸とをつなぐ「駅」であることも、私に思わせました。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

東伊豆を訪れた目的は、別荘のリフォームの現地調査でした。日帰りで帰れない距離ではないのですが、それではもったいので、住まいてさんを伊豆高原駅まで送り届けた後に、気がかりだったこの波止場に戻ってきました(2018.07.26)

2018.07.26

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

きれいにすきとおった風をたべ、

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしゃ)や、

宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

これらのわたくしのおはなしは、

みんな林や野はらや鉄道線路やらで、

虹や月あかりからもらってきたのです。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、

十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、

もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

ほんとうにもう、

どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、

わたくしはそのとおり書いたまでです。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

ですから、これらのなかには、

あなたのためになるところもあるでしょうし、

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

ただそれっきりのところもあるでしょうが、

わたくしには、そのみわけがよくつきません。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、

そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

けれども、わたくしは、

これらのちいさなものがたりの幾(いく)きれかが、

注文の多い料理店・序(7)東伊豆の波止場

おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、

どんなにねがうかわかりません。

大正十二年十二月二十日 宮沢賢治『注文の多い料理店』序

https://anity.ootaki.info/9645/