『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』〈9634〉

違和感をずっと感じていた、とある「バリアフリー研修会」での、最後のまとめの言葉です。おそらく、このまとめの発言をされた方は、自身を「障害者ではなく健常者」であると自認していて、会場の参加者もまた、「障害者ではなく健常者」であるだろうと、思ったからの言葉でしょう。私が会場を一番先に後にしたのは、一人になって、すぐにこの「違和感」の正体を、まとめておきたいからでした。

『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』

2018年の夏休みは、松本城を訪ねました。現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。黒と白のコントラストがお堀にも写り込み美しかったです(2018.08.23)


『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』その1

このテーマは深いものであり、おそらくこの記事一つでまとまらないでしょう。ですので、私の結論を先に書きます。

昨年(2017年)の9月に、次のような記事を書きました。

「障害者」と「健常者」とを分かつもの、とは何なのか、

以前、バリアフリー情報誌の編集長から、聞いた話を引用しました。

『タバコに吸うときには、「マッチ」よりも「ライター」が便利だが、

戦後、ライターが普及したのは、傷痍軍人が片手で点火できたから。

体の機能を補うという点では、メガネも車いすも同じなのに、

メガネをしている人を障害者とはいわずに、

なぜ、車いすに乗っている人を障害者というのか。

「障害」の定義は、その人にあるのではなく、

その人の周りの環境によって、決定されるものでしかない。』

9912_アクセシブル(障害とは環境に属する)

「障害」の定義は、「個人」にではなく、「環境」に属するものであり、

絶対的なものでなく、可変的ものであると、

編集長からこの話を聞き、私は気づいたのでした。

『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』その1

そもそも「違和感」は、グループワークでも感じたのでした。

グループワークは、4人ごとのグループに別れ、グループごとで、

与えられた課題を考えて、グループでの意見をまとめるものでした。

「窓辺に立ち外を眺める、寂しげな女の子の後ろ姿」が、

描かれているイラストが、それぞれのグループに配られました。

司会者からは、次のような課題が出されました。

『この女の子の見て、この女の子がどんな障害を持っているか、みなさん考えてみてください』

『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』その1

それぞれのグループの参加者が、思いを巡らせて、

描かれた女の子の、一つ一つの『障害』を想像している中、

私は、その課題に対する返答ができませんでした。

なぜなら普段の私は、その人が、どのような障害があるかなど、

意識していなくて、まったく関心のないことなのです。

私はフリーズしたのですが、同時に、ふと閃いたことがありました。

『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』その1

私の仕事をたくさんの人と出会い、話を聞くことが大切です。

今思うと、バリアフリー住宅を造り始めた、25年前は、

その住まいてさんの障害について、根掘り葉掘り聞いていました。

ですが、最近では、そのようなことはなくなりました。

『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』その1

ですので、一見、私の打ち合わせは、「雑」に見えるかもしれません。

では、住まいてさんと打ち合わせで、私が知りたいことは何でしょうか。

それは、その人の歴史、その人の環境など、

変えられないこと、変える必要のないことです。そして、

『新しい住まいで、何を実現させたいのか』ということです。

私は、住まいてさんを見つめるのではなく、

住まいてさんが見据えている、視線の先にあるものを探しているのです。

『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』その1

残念、6時を過ぎました。現場に向かいます。

明日は、2組の住まいてさんの引っ越しが重なってしまいました。

ここだけの話、それぞれの現場、まだ未完成なのです。

一番書きたかった、この記事のタイトルの、

『みなさまも、いつ障害者になるのか、わかりませんので...』

については、続編で書きますので、少々お待ちください。