高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室〈9618〉

高齢者にとって理想的な寝室をつくりました。以前は8帖の和室と縁側だった場所を、11帖の広さの寝室にしました。当面は奥様専用として使いますが、将来、ご主人のベッドを置くこともできます。また、寝室はリビングの隣りにあり、必要になった時は、つなげることもできます。

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

高齢者にとって理想的な寝室をつくりました。バリアフリー配慮だけではなく、耐震性、断熱性、防犯性を高める、住まい全体のリフォームでした(2018.09.17)


高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • 右側の腰窓の下に、ベッドを置く
    • 照明は2ヶ所にして、寝ている時の頭上にならない位置
  • 昼寝しやすくしたい、部屋を暗くしたい
    • 窓には電動シャッタ-を取り付けた
    • リモコンのスイッチを押すだけで、雨戸の開閉ができる

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • 寝室からは「2方向避難」ができること
    • 2方向避難とは、玄関以外にも外に避難できること経路
    • 緊急時の避難ができるように、掃き出し窓をつくった

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • 寝室には洗面台も設置した
    • 「水回り」という印象をなくしたい
      • 洗面台の色は暖色であるピンクにし、カーテンもピンクに
      • 洗面台の周りにも、カーテンを掛け、洗面台を隠せる

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • 寝室はリビングと、つなげられる
    • タンスの裏側はリビングになっている
    • 将来、必要になったらリビングとつなげられる

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • 大切にしていたものを並べる
    • 使い慣れたタンスを置くと、寝室らしくなった
    • フローリングの色は、このタンスの色に合わせておいた
    • タンスの上には飾り戸棚を載せた
      • 思い出の小物や、大切な小物を楽しく飾れる

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • タンスの奥の引き戸は、寝室内の専用トイレ
    • ベッドから近い。寒い廊下を通らなくて済む
    • 寝室と直接つながるので、寝室の室温と近くなった

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • ベッドと室内トイレの往復がしやすい、横向きトイレ
    • 便器の両側に手すりを取り付け。可動式とカウンター式
    • トイレにも窓を取り付け、寝室の南北の通風ができる

高齢者にとって理想的な、専用トイレのある寝室

  • 心地良い住まいにするには、バリアフリー配慮だけではない
    • 耐震性、断熱性、防犯性も高めること