賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに〈9613〉

洗面台も一緒になっている広いトイレを、「お座敷トイレ」として利用する、バリアフリーリフォームです。賃貸マンションなので、車いすで使いやすい便器に取り替えると、退去時には元に戻さなくてはならないので、既存の便器を利用し、移乗台を設置することになりました。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

賃貸マンションのマンションリフォームです。トイレを、お座敷トイレにしました(2018.09.26)


何よりも大切だったことは、「マンション選び」でした。

エントランスからマンション住戸まで、段差がないマンションは多くなりましたが、このトイレの様に、トイレの広いマンションは、とても少ないからです。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

既存の便器の便座高さは42cm、車いすの座面高さは50cmです。

便座高さと車いすの座面高さを揃えるために、「便器 → 補高便座 → ウオシュレット → やわらか便座」と重ねました。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

・便座を外した時の便器の高さ:37cm

・「補高便座」でかさ上げ:5cm

・「ウオシュレット」の厚み:5cm

・「やわらか便座」の厚み:3cm

合計で50cmとなり、便座高さと車いすの高さとが揃いました。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

移乗台表面は、クッション入りのレザー貼りにしました。

移乗台は3分割にして、下部を掃除しやすくしました。

便器の曲線に合わせた移乗台を、便器の左右に設置します。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

脚を「ハの字」に開いて、長い時間でもトイレに座れる様になりました。

移乗する時は、切り欠きの部分に車いすで直角に近づきたいので、洗面台の前には回転スペースが必要です。

このトイレが最低限のスペースで、何度も切り返す必要があるそうです。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

移乗台の切り欠きの役割は、車いすのフレームがぶつからない様にするためです。

移乗台と車いす座面とに隙間ができてしまうと、オシリが落ちてしまいます。

この切り欠きにより、移乗台と車いす座面をピタリと付けられるので、隙間ができません。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

切り欠きの下部には脚を立てず、車いすのフットレストがぶつからない様にしました。

移乗台の表面は、汚れが染み込みにくく、水拭きがしやすい、レザー貼りにしました。

長時間座るのでクッションを入れ、柔らかくしました。

柔らかいと滑りにくくなりがちですが、靴下を履くと、かかとが滑りやすいそうです。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

「ウオシュレット」は、オシリに刺激を与えるので、出やすくなるそうです。

30分から1時間ほど座ることになるので、オシリにやさしくする様に、「やわらか便座」を置きました。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

タンクの洗浄レバーには手が届かないので、リモコンの上端のスイッチで、大小の便器洗浄ができます。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

便器の位置で、ズボンや下着に脱ぎ着をする際、壁に取り付けた手すりを利用して、体を傾けることができます。

また前屈しすぎてしまい、頭が上がらなくなった時は、手すりの上に頭を載せると、起き上がれるそうです。


移乗台を設置すると、通常の様に便器に腰掛けることができません。

以前、可動式の移乗台を作ったことがありました。


移乗台の向かい側は、ユニットバスになっています。

ユニットバスの床、全面も移乗台でかさ上げしました。