賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに〈9613〉

賃貸マンションのトイレを、「お座敷トイレ」にする、バリアフリーリフォームです。ですが何よりも大切だったことは、「マンション選び」でした。エントランスからマンション住戸まで、車いすで行き来しやすい段差がないマンションは多くなりました。ですが、このお住まいの様な、「トイレと洗面がワンルーム」になっている水回りは、とても少ないからです。

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

賃貸マンションのマンションリフォームです。トイレを、お座敷トイレにしました(2018.09.26)


賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 既存便器の問題点
    • 賃貸マンションなので、取り替えしたくない
      • 便器は既存のままにしておく
      • 仮に取り替えると、保管しておき、
      • 退去時には元に戻さなくてはならないから
    • 床から便座までの高さが低い
      • 標準の高さ:42cmだった
      • 住まいてさんの車いすの座面高さ:50cm
      • 便座の高さ、車いすの座面高さを揃えたい

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 便器のバリアフリー
    • 便座の高さと、車いすの座面高さを揃えること
      • 8cm高くしたい
    • 便座を外した時の便器の高さ:37cm
      • 「補高便座」でかさ上げ:5cm
      • 「ウオシュレット」の厚み:5cm
      • 「やわらか便座」の厚み:3cm
    • 補高便座・ウオシュレット・やわらか便座
    • 合計で50cm、車いすの高さと同じになった

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 脚を「ハの字」に開き、長い時間トイレに座りたい
    • ウオシュレットの上に、「やわらか便座」を重ねた
  • 便器を取り巻く様に、移乗台を作る
    • 便器の曲線に合わせる
    • 移乗台表面は、クッション入りのレザー貼りにする

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 移乗台の工夫
    • 2分割にして、下部を掃除しやすくする
    • 切り欠きの部分に、車いすで直角に近づく
      • そのため、洗面台の前に回転スペースが必要
      • このお住まいでは最低限のスペース
        • 何度も切り返すことになった
        • 背面のユニットバスの戸を取り外す
          • ユニットバスも、回転スペースにする

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 切り欠きの役割
    • 車いすのフレームがぶつからないように
    • 移乗台と車いすの座面、と隙間が開かない
      • 隙間が開くと、オシリが落ちてしまう

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 切り欠きの下には、脚を立てない
    • 車いすのフットレストがぶつからない様に
  • 移乗台表面は、クッション入りのレザー貼りにする
    • 長時間座るので、やわらかいこと
      • やわらかいと、滑りにくくなりがちだが
      • 靴下を履くと、かかとが滑りやすい
    • 汚れが染み込みにくい。水拭きしやすい

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 「ウオシュレット」の効用
    • オシリに刺激を与えるので、出やすくなるとのこと
  • 「やわらか便座」の効用
    • 30分から1時間、座るが、オシリにやさしい
  • 「壁手すり」の効用
    • 便器の位置で、ズボンや下着に脱ぎ着をする際、
      • 手すりを利用して、体を傾けることができる
    • 前屈してしまい、頭が上がらなくなった時、
      • 手すりの上に頭を載せると、起き上がれる

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

  • 「リモコン」の効用
    • タンクの洗浄レバーには、手が届かない
      • 上端のスイッチで、大小の便器洗浄ができる

賃貸マンションのトイレを、お座敷トイレに

他の家族さんも、通常の様に便器に座ることができません。

以前、可動式の移乗台を作ったことがありました。


移乗台の向かい側は、ユニットバスになっています。

ユニットバスの床、全面も移乗台でかさ上げしました。