背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に〈9611〉

車いすユーザーから入浴のご要望をお聞きする時は、「浴槽に入りたい」のか、「シャワー浴だけでいい」のかを、お尋ねすることから始まります。このお住まいの住まいてさんは、「シャワー浴だけでいいので、ひとりでゆったりと入浴したい」とのことでした。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

このお住まいのマンションリフォームは、浴室の全面に、入浴台を設置しました(2018.10.01)


このお住まいのユニットバスは、入口は開口幅の広い2枚引き戸に、

少し広めの 1317タイプ、(130cm × 170cm)でした。

洗い場のカウンターには水栓があったのですが、取り外しました。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

通常、入浴台は浴槽の高さに合わせ、洗い場だけに造ることが、

多いのですが、入浴台から浴槽内に落ちてしまう危険があります。

なので、浴槽での入浴はしないので、浴槽の上にも入浴台を造り、

ひとりでも安全に、入浴したいとのことでした。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

そこで、洗い場だけでなく、浴槽の上にも入浴台を造りました。

これなら、浴槽の中に落ちてしまう危険がありません。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

背もたれに寄りかかり、両足をハの字に広げ、座位を保たるので、

ひとりでも安全に、ゆったりとシャワー浴できる様になりました。

この様な姿勢を取るためには、洗い場だけでは足りませんでした。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

この背もたれは、壁には固定せず、入浴台から立ち上がります。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

背もたれと壁との隙間を、12cmとったので、背もたれの上から、

その隙間から腕を落とし、背もたれに体を引き寄せられます。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

都合よく、洗い場のシャワー水栓が、手元になりました。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

ハンドルが大きい、シャワー水栓を交換しました。

指先だけでなく手のひら全体での、吐水操作がしやすいものです。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

シャワーヘッドは、手元で一時停止ができる、ワンクリックです。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

入浴台は7分割にしました。左側の3組は、浴槽の上に設置し、

右側の4組は、洗い場の上に設置しています。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

洗い場の排水口を、簡単に掃除しやすくするために、

排水口の真上には、小さいな正方形の入浴台にしました。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

何よりも車いすから入浴台に、移乗しやすくする工夫も必要です。

入浴台の高さを、できる出せ車いすの座面の高さに合わせ、

車いすのフレームがぶつからない様に、切り欠きを入れました。

背もたれ付き入浴台を、ユニットバス全面に

このお住まいの洗面室の中に、トイレもあります。

ユニットバスの入口の向かい側が、そのトイレです。

賃貸マンションなのですが、都合のいいレイアウトでした。

間取りの変更はできないので、マンション選びのポイントは、

エントランス回りの行き来しやすさだけでなく、

水回りのレイアウトも、大切なことでした。