3枚引き戸と段差リフトの、便利な組み合わせ〈9595〉

段差はバリアフリーの代表格です。段差を解消することが、バリアフリー住宅の第一歩ですが、それは屋内だけでなく屋外でも大切なことです。通常、玄関のまわりには、玄関ポーチに数段の段差、上がり框に20cmほどの段差があるのが一般的です。このふたつの段差をひとつにまとめて、1台の段差リフトを設置することにしました。

3枚引き戸と段差リフトの、便利な組み合わせ

車いすでの玄関周りの段差は、ひとつにまとめます。玄関ポーチと玄関室内とをフラットにし、大きくなった玄関室内の上がり框の段差を、段差リフトで昇降します(2018.06.29)


3枚引き戸と段差リフトの、便利な組み合わせ

玄関ドアは3枚引き戸で1m程の開口幅を確保しました。

屋内外の段差をなくしても、屋内まで水が入らないように、排水溝を取り付けました。

一般的に玄関ポーチには数段の段差があるものですが、それをなくして玄関ポーチを低くしました。

3枚引き戸と段差リフトの、便利な組み合わせ

建物の耐久性を考えると基礎を高くしたいので、床の高さは地盤面より60cm程になってしまいます。

玄関の上がりかまちの段差は、玄関ポーチを低くしたので、75cm程になりました。

3枚引き戸と段差リフトの、便利な組み合わせ

置き階段と段差リフトを玄関室に設置して、車いすでも歩いてでも使いやすくなりました。

このように、車いすで出入りするときは左側から、普段の出入りは右側と、扉を引き込む方向が二通りになります。

玄関や玄関ポーチは、出入りのための大切な場所ですが、地域とのつながりといった観点でも重要な場所です。