ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に〈9574〉

このお住まいの浴室は、一般的な大きさの2帖で、新しいユニットバスに取り替えることになりました。ユニットバスのサイズ「1616サイズ」です。洗い場には、通常のシャワー付き水栓ではなく、「シャワー・ド・バス」を取り付けました。日々の生活の中では体調が優れず、入浴したくない時もあります。そんな日にでも、この「シャワー・ド・バス」で、シャワー浴ができるからです。

ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

このお住まいは古い木造住宅です。浴室をユニットバスにリフォームするにあたり、シャワー・ド・バスを取り付けました(2018.10.13)


ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

  • ユニットバスの大きさ
    • ユニットバスのサイズ「1616サイズ」、壁の内寸法は 160cm x 160cmです。
    • 一般的な大きさですが、車いすでの使いやすさを考えると、もう一回り大きなサイズがいいです。
  • ユニットバスのレイアウト
    • 同じ「1616サイズ」でも、ユニットバスのレイアウトは、2種類あります。
    • ひとつは、この「入口正面がシャワー、浴槽が右側」になるレイアウトです。
    • もうひとつは、「入口正面が浴槽、シャワーが右側」になるレイアウトです。
    • どちらにも長所短所がありますが、このレイアウトを選んだのは、「シャワーに向かって直進できること」を優先したからです。

ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

  • 浴室ドアは2枚引き戸
    • 開き戸や折れ戸ではなく、引き戸にしました。
    • 通常の引き戸ではなく、2枚引き戸にしたので、開口幅を広くできました。
    • ですが「1616サイズ」では、80cmの開口幅を得ることができませんでした。
    • 段差のない敷居には、数ミリの段差がありますが、スロープがついています。

ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

  • 浴槽に入らずに、洗い場でのシャワー浴
    • 入浴は浴槽に入るのではなく、「シャワー・ド・バス」による、シャワー浴です。
    • 自在に角度設定できるアームで、全身にシャワーを当てられます。
    • 通常のシャワーよりも細かい噴射で、お湯につかったように温まるそうです。

ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

  • 洗い場床と排水口
    • 洗い場の床は、滑りにくいこと、掃除しやすいこと。
    • 排水口は掃除がしやすい様に、シンプルなこと

ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

  • 既存の浴室窓をなくす
    • 浴室の窓から暖かさが逃げてしまい、寒くなってしまうので、窓をなくしました。
    • 窓がないので外光が入らないが、LED照明で明るさを確保できます。
    • 窓がないので換気ができないが、最近にユニットバスは汚れにくくなりました。
    • 浴室の窓は結露が発生するので、黒く汚れやすい。窓がないと掃除の手間が省けます。

ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

  • 半身浴ができる、エコベンチ浴槽
    • 浴槽床は2段になっているエコベンチで、半身浴もできます。
    • この浴槽右端(浴槽ふた側)が、枕になる様に斜めになっています。
    • エコベンチにかかとを載せ、寝そべる様に入浴できます。

ユニットバスリフォームは、シャワー浴もできる様に

  • 冬季の洗面室の暖かさも大切にする
    • 洗面室の既存窓に断熱2重窓を取り付け、窓からのひんやりをなくしました。窓の結露もなくせます。
    • この窓上部の壁には、換気扇を取り付けましたが、その隣りに、ルームエアコンも取り付けました。
    • 入浴前、浴槽にお湯をはり始める際に、暖房を入れます。入浴時には、洗面室が暖かくなっている様にします。