壁コンセントを移動しました〈9555〉

我が家の2階の6帖の和室には、板貼りのタンス置き場があります。そこにコンセントがあるのですが、床から25cmの高さで、ちょうど家具に隠れてしまいます。そこで、家具に埋まらない高さまで、移動させることにしました。必要な材料、工具はこんな感じです。

壁コンセントを移動しました

電気工事は、工務店や電気屋さんなどの、電気設備工事ができる資格者でなければできません。必要な方はご相談ください(2018.11.06)


まずは、安全のために、この部屋のブレーカーを落としておきます。

壁コンセントを移動しました

100cmにしました。柱の位置を避けて、開口します。ビニールクロス貼りの壁の下地は、プラスターボードでしたので、道具は「まわし引き」と呼ばれている、先端が細くなっている小さなのこぎりを使いました。

コンセントの裏側の溝にマイナスドライバーを差し込むと、ケーブルを引き抜けます。

壁コンセントを移動しました

木造の住宅の場合、ケーブルは壁の中を天井から下がってくることが多いものです。開口したところから、床に向かうケーブルを引き出しました。

コンセントの電源は100Vの交流ですが、交流にも極性があります。一般的にケーブルの白の線を、コンセントの「W」の刻印がある方に差し込みます。

壁への固定は、コの字型の「はさみ込み金具」を使います。上のねじを仮付けしたあと、壁の裏側に入れます。

壁コンセントを移動しました

プレートを付けて、完成しました。使わなくなった以前のコンセントのプレートを、穴なしのプレートに取り替えておきます。

壁コンセントを移動しました

暮れの大掃除に間に合うように、収納のプチリフォームをしました。