見晴らしのいい六角形の秘密の展望台〈9545〉

畑に囲まれた緩やかな南斜面の丘の上にある幼稚園。見晴らしのいい敷地の、一番いい場所に六角形の展望台を造ることになりました。幼稚園では主役は子どもたち、子どもの寸法で造りました。低い天井にある秘密のはしごで、展望台に登ることができるのですが、オトナのみなさまをご案内しましょう。

見晴らしのいい六角形の秘密の展望台

「 木の持つ暖かさに満たされた園舎にしたい」という、幼稚園のご意向がありました。それに答えるべく、私が設計し、弟を中心とした大工や職人たちの手により、建てられました(2018.10.21)


見晴らしのいい六角形の秘密の展望台

展望台は縁側の一番奥を右に曲がり、橋をわたったところにあります。

見晴らしのいい六角形の秘密の展望台

この屋根の低い橋をくぐって行きます。

屋根が低いのは、大人たちを入りにくくするためです。

見晴らしのいい六角形の秘密の展望台

六角形の展望台を支えている六角形の大黒柱。

樹の枝のような梁組のどこかに、秘密のはしごがあります。

見晴らしのいい六角形の秘密の展望台

秘密のはしごで、展望台に上がってみました。

なぜか六角形の大黒柱は、ここで切り落とされているのです。

この不思議に、だれか気づいてくれないかな。

見晴らしのいい六角形の秘密の展望台

六角形の屋根を見上げます。

六角形のかたちは強いかたち、柱がなくても大丈夫なんですよ。

見晴らしのいい六角形の秘密の展望台

デッキを見下ろします。デッキにはガラス戸が付きました。

この展望台を「幼稚園の大好きな場所」にあげる、

子どもさんが多いと聞きました。

自分からはどこでも見えて、でも自分の場所はだれからも見られない。

子どもさんたちの好きな場所は、こんなところなはずです。