icon

オオタキラジオ ↘

最近の投稿 ↘

マイセレクト ↘

自分にとって大切な人の、ずっと先の幸せを願うこと

〈9481〉

2015年の大型連休前に、偶然この公園の前を通りかかりました。こんなに居心地がいいのに、誰もいない公園でした。田んぼを背にした、木製ベンチに腰をおろすと、「どうぞゆきなさい。お先にゆきなさい」。そんな歌詞が、ふと思い浮かび、その意味に想いを馳せるのでした。

自分にとって大切な人の、ずっと先の幸せを願うこと

愛することとは、自分にとって大切な人の、ずっと先の幸せを願うこと。田んぼに囲まれたこの公園は、現実の公園でありつつも、心の中の公園なのです( 2019.04.08)

2019.04.08

「戦争はいけません。あれは散らかりますから」

と言ったのは、永六輔だったと記憶しています。

「散らかす」というのは、街や建物だけでなく、

すべての人の心の中までも... 。

自分にとって大切な人の、ずっと先の幸せを願うこと

戦争の対局にあるのは、創造すること。

誰かにとって大切な何かを創造すること。

その人にとって大切なものならば、何でもいい。

小さなものでも、見えないものでも、

一度しか使わないものでもかまわない。けれどもそれが、

私でしか創り得ないものなら、とても嬉しいです。


君と好きな人が 百年続きますように

Youtube / 一青窈 ハナミズキ

自分にとって大切な人の、ずっと先の幸せを願うこと。

少し先だけではなく、ずっと先までの幸せを願うこと。

私にとって想像するとは、その幸せを願うこと。

自分にとって大切な人の、ずっと先の幸せを願うこと

また行きたいと思いながらも、この公園には訪れていません。

ですが、今日の様な天気のいい日には、

あの公園のベンチも、きっと気持ちのいい日差しなのだろうなと、

思い浮かべるだけで、私の心の荷物が少し軽くなります。

誰かの少し先の、ずっと先の幸せを願う余裕ができるのです。

https://anity.ootaki.info/9481/

オオタキラジオ