icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

〈9474〉

車いすユーザーが暮らし始められるように、3DKの賃貸マンションの、最低限のバリアフリーリフォームしました。2帖ほどの洗面室を、現状復帰できる範囲の工事をしました。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

洗面室のバリアフリーリフォームです。賃貸マンション改修の場合、現状復帰のしやすさも考慮しておく必要があります( 2019.04.19)

2019.04.29

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

玄関のすぐ脇に、トイレと洗面室になっています。それぞれの入口は片開きのドアでしたが、車いすでは使いにくいので、取り外して納戸に収納し、カーテンを掛けることになりました。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

洗面台と化粧鏡を取り付けることになる壁の強度がなく、あらかじめ、ホワイトのポリ合板を貼り付けました。配管の位置は変えていないので、ここを退去するときには、元の洗面化粧台に戻すことができます)。このマンションに初めて、住まいてさんと訪れた時、マンションオーナーさんが、入居に合わせてのリフォーム中でした。

ですが洗面化粧台は、一般的なものが取り付けられていました。ユニットバスは設置前だったので、できるだけ洗面室床との段差ができない様に、その工事業者にお願いをしました。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

洗面台と化粧鏡を取り付けることになる壁の強度がなく、あらかじめ、ホワイトのポリ合板を貼り付けました。配管の位置は変えていないので、ここを退去するときには、元の洗面化粧台に戻すことができます)。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

薄型ボウルなので、膝やアームレストがぶつかりにくくなります。また、つま先が当たる、洗面化粧台奥の部分が引っ込んでいるので、洗面化粧台の奥まで入ることができます。ボウル手前の薄く平らな部分は、両腕を置きやすくするための工夫です。車いす対応洗面の間口は75cm、高さは75cmを選びました。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

ボウルの底面はフラットなので、コップを置くこともできます。シャワーホースは伸びますが、リフトアップ(吐水口を引き上げて固定すること)が、両手で洗髪をする様な使い方はできません。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

洗面台の左側には、洗濯機を置きました。日立のドラム式洗濯乾燥機、「風アイロン ビッグドラム BD-NX120CL」です。高さは 103cm。上端にある操作パネルは、車いすから手が届く位置になっています。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

ドラム式洗濯乾燥機は奥行きが大きなものが多いのですが、この洗濯乾燥機は、幅は広いのですが、奥行きが浅くなっています。

賃貸マンションの洗面室のバリアフリーリフォーム

ユニットバスでは、入浴台を浴室全面となる様に、洗い場だけでなく、浴槽の上にも設置することになりました。

https://anity.ootaki.info/9474/

アニティデザイン