icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

〈9436〉

このマンションの玄関のアルコーブには、共用廊下との段差が5cmありました。玄関の中にも上がり框の段差があり、車いすでの出入りが困難でした。そこで共用廊下に、高さ5cmの「丘」の様な形状の、アルミスロープを設置することになりました。この様な形状のスロープは、マンションの管理組合の同意だけでなく、お隣りさんにもご理解いただくことが必要です。

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

車いすユーザーのマンションリフォームです。玄関(マンション)の前に置くスロープです。設置に先立ち、マンションの管理組合の同意が必要になります( 2019.07.22)

2019.07.22

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

玄関ドアの位置は共用廊下から90cm引っ込み、アルコーブとなっています。 そのアルコーブと共用廊下との段差が5cmありました。

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

その段差を解消するために、高さ5cmのアルミスロープを設置しました。

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

また、アルコーブと玄関ドア敷居との段差が、4cmありました。 高さ4cm、長さ10cmのゴムスロープを設置しました。 上がり框にも4cmの段差があり、そこにも同じスロープを設置しました。

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

一件落着と思いきや、住まいてさんに確認してもらった所、 高さ4cmを長さ10cmのスロープを上がることが、困難とのことでした。 ドアやドア枠のために肘を広げることができず、力が入らないからだそうです。

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

そこで、ゴムスロープを取り外し、板でスロープを作りゴムマットを敷き込みました。 4cmの段差を、長さ50cmで上がるので、これなら大丈夫とのことでした。

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

ですが、上がり框の4cmの段差をゴムスロープを上がることが、困難とのことでした。 翌日また訪問し、玄関ドアの内側から上がり框まで、玄関土間全体をかさ上げをすることになりました。

通り抜けできる、高さ5cmのアルミスロープ

この様に数回の追加工事をして、住まいてさんが住まいやすい形になりました。 着工前に全てを決めるのではなく、工事を進めていく中で、 住まいてさんに確認いただきながら、より良い形を探す様にしています。 バリアフリー工事に限らず、どんな仕事でも私はこの様に進めています。

https://anity.ootaki.info/9436/

アニティデザイン