icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

手袋をはめた様にぴったり、寝室を兼ねたLDK

〈9430〉

私の考える良い住まいとは、「狭いのに広く感じさせる住まい」です。「広い住まいは良い住まい、狭い住まいは良くない住まい」なのでしょうか。私は長くこの仕事を続けてきて、そうではないと考える様になりました。そのきっかけとなったマンションをご紹介します。

手袋をはめた様にぴったり、寝室を兼ねたLDK

「定年を迎えたので、ひとりで暮らしやすくしたい」と、住まいてさんからご要望をいただき、加齢に備えた配慮も施したマンションリフォームです( 2019.08.01)

2019.08.01

さて「狭いのに広く感じる住まい」にするために大切にすることは、「対角線の見通しが効くこと」です。 2DKの間取りから間仕切り壁を撤去して、寝室とLDKをワンルームにしました。 その中心に、多目的な造り付け収納家具を取り付け、寝室とリビングとをゆったりと間仕切ることにしました。

手袋をはめた様にぴったり、寝室を兼ねたLDK

収納家具の高さを低く抑え、部屋のどこにいても空間のひろがりを感じることができます。 住まいてさんは毎日、小机に向かって正座し筆をとるそうです。

手袋をはめた様にぴったり、寝室を兼ねたLDK

リビング側には、ガス暖房機と引き出しになっています。 短辺側の扉の中には、圧縮した布団が入っています。

手袋をはめた様にぴったり、寝室を兼ねたLDK

反対の寝室側もガス暖房機と引き出しになっています。 この家具がベッドを、少しだけ隠してくれます。 本来はリビング側から、ベッドは見えない方がいいのでしょうが、 それでは空間を狭く感じさせてしまうので、少しだけ隠すことにしたのです。

手袋をはめた様にぴったり、寝室を兼ねたLDK

少しだけ隠すことにより、リビングを訪ねた来客さんには、 ベッドが目に入ったとしても、心には見えていないはずです。

手袋をはめた様にぴったり、寝室を兼ねたLDK

狭いのに広く感じさせるために、もう一つ大切なことは、 収納スペースを必要以上にとらないことです。

多くのものを持たなければ、収納スペースは広くなくてもいい、 大切なもの、必要なものだけを、造り付け家具に置ければいい。 そんな潔いライフスタイルの住まいてさんに合わせた、マンションリフォームでした。

https://anity.ootaki.info/9430/

アニティデザイン