icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

変形性膝関節症:階段昇降の工夫

〈9417〉

膝に痛みがある方にとっての「階段昇降」は、足に力が入りづらい、痛みがあるために体を支えられないなどの不安定な動作・不安感・恐怖感などが出現してしまいます。ここでは、なるべく膝に負担をかけない、安全な階段昇降のポイントを紹介します。

変形性膝関節症:階段昇降の工夫

ひとりひとりに合わせること、加齢に備えること( 2019.07.20)

2019.07.10

工夫ポイント:階段昇降「上り」

変形性膝関節症:階段昇降の工夫

・階段を上がるときは、膝に痛みがない足①から進む

・①の足には、前方に傾いた体を支え、かつ、体を前方に持ち上げる力が必要です

・痛みが強いときは、一段ずつ、ゆっくり上ってください

工夫ポイント:階段昇降「下り」

変形性膝関節症:階段昇降の工夫

・階段を下るときは、膝に痛みがある足①から進む

・②の足には、前方に傾いた体を支える力が必要なので、①の足から下ろしてください

・痛みが強いときは、一段ずつ、ゆっくり下りてください


下を見ながら下りることが怖い方は、後ろ向きで階段を下りる

変形性膝関節症:階段昇降の工夫

・階段を下るときは、膝に痛みがある足①から下ろす

・手すりにしっかりつかまり、階段を踏みはずさないように注意する

・公共の場では、後ろに危険なものがないか、確認しゆっくり下りてください


足の痛みが強すぎる方は、一段一段、座りながら下りる

変形性膝関節症:階段昇降の工夫

https://anity.ootaki.info/9417/