icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

角地に寄せながらも圧迫感を少なくする、街角の建物は町並みを決定する

〈9403〉

「街角の建物は町並みを決定する」と建築家から教わったことがあります。ゆったりとした住宅街の北西の角地です。角地部分の敷地に無駄にスペースを残したくありませんでした。どれだけ角地に寄せながらも、圧迫感を少なくするようにしました。

角地に寄せながらも圧迫感を少なくする、街角の建物は町並みを決定する

「藁色の外壁にしたい」とのご要望に合わせました。既存の植栽を活かした佇まいです( 2019.08.25)

2019.08.26

角地に寄せながらも圧迫感を少なくする、街角の建物は町並みを決定する

街角に建つ建物は、その町並みの風景を決定します。町並みに対して責任を持てる外観を考えました。角地の見通しをよくすること。圧迫感を少なくすること、建物の高さを抑えること、などを大切にしました。

角地に寄せながらも圧迫感を少なくする、街角の建物は町並みを決定する

プランニングの初期の段階では、斜めの道路境界線に合わせて外壁も斜めにすることも考えましたが、設計を進めていくうちに、階段状に敷地に合わせていくことになりました。この面から見ると4ヶ所の出隅、3組のコーナー窓が2階から1階に降りてきます。

https://anity.ootaki.info/9403/