icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

耐積雪50cmのカーポート、既存のテラスとつなげて住まいやすく

〈9399〉

2014年2月の大雪で既存のカーポートが壊れてしまいました。カーポートを造り直すにあたっては、耐積雪性能が高いものにしたいとのご要望でした。実は今までカーポートを選定するにあたり、重視していたのはデザインばかりでした。埼玉県や東京都などでは、耐積雪20cmのものを選んでいたのですが、これからはカーポート選びはデザインだけでなく、耐積雪性能も大切な検討要素になりました。

耐積雪50cmのカーポート、既存のテラスとつなげて住まいやすく

カーポート選びはデザインだけでなく、耐積雪性能も大切な検討要素になりました( 2019.08.24)

2019.08.01

耐積雪50cmのカーポート、既存のテラスとつなげて住まいやすく

住まいてさんと打合せの結果、耐積雪50cmのものを選びました。大きさは、間口は2.7m、奥行きは5.7mです。柱は3本になります。

耐積雪50cmのカーポート、既存のテラスとつなげて住まいやすく

屋根材はブルースモークのポリカーボネート板です。薄いグレーがかかっているのですが、透明なので空が透けて見えます。一見すると梁も柱も耐積雪20cmのカーポートと同じように見えます。しかし、よく見比べると、それぞれワンサイズ大きくなっていて、ずいぶん頑丈そうです。

耐積雪50cmのカーポート、既存のテラスとつなげて住まいやすく

カーポートの設置位置も検討しました。なるべく奥の物置まで屋根を寄せることにより、雨に濡れずに物置を利用できます。

耐積雪50cmのカーポート、既存のテラスとつなげて住まいやすく

既存のテラス屋根とつなげることにより、雨天時も居間の掃き出し窓から、直接室内に入ることができます。買い物の後、荷物を運ぶのに便利そうです。

耐積雪50cmのカーポート、既存のテラスとつなげて住まいやすく

車のための屋根であることが、本来、カーポートの役割なのですが、それ以外のプラスアルファの要素を考えます。住まいはカーポートとのつながりがいいと、住まいやすくなります。

https://anity.ootaki.info/9399/