icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

〈9393〉

住まいてさんと打ち合わせしていると、車いすユーザーが使いやすいバリアフリーなトイレと言っても、ひとりひとり求めるトイレが違うことに驚きます。なので、このトイレがどの車いすユーザーのとってもベストではないですが、そのひとりひとりに合わせるということこそ、バリアフリーの大切なことなのではないでしょうか。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

このお住まいの多目的な洗面室は、5.7帖です。洗面台の脇の引き戸はLDKにつながります。収納で隠れる様にトイレをつくりました( 2019.09.14)

2019.09.15

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

水回りスペースは広いに越したことはないのですが、「大は小を兼ねる」と、水回りスペースだけを大きくしすぎると、住まい全体の中でのバランスが悪くなり、住まいにくくなってしまいます。

このお住まいの様に、水回りをワンルームにして多目的な洗面室にすることが、限られたスペース活かす上で有効です。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

ワンルームにした時に問題となるのは、トイレのプライパシーを保てなくなることです。

この5.7帖の洗面室では、トイレのプライパシーを保つために、収納家具を間仕切りとし便器を隠す様にしました。LDKに繋がる引き戸を全開した時も、便器が見えません。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

便器の正面となる窓側のスペースには、乾燥機と洗濯機を並べます。 便器の前には、便器への移乗スペース(1.5mの回転円)を確保しました。このスペースを乾燥機・洗濯機を使うために必要なスペースと兼用することにより、コンパクトな洗面室にできました。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

車いすから便器へは、左右3本の手すりで移乗します。「便器に腰掛けている姿勢で手を洗える様に、小さな手洗い器が欲しい」とのことでした。

ですが、便器側面の壁は、取り付けたいものがたくさんありましたが、まずはこの手洗い器の場所を第1優先にしました。手洗い器の右側には、小物を置ける棚を取り付けました。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

この便器は一見、普通の洋式便器のようですが、便座の高さは46cm、通常のものより5cmほど高くなっている、「車いす用便器」です。

便座の高さと、車いすの座面の高さを合わせることにより、腕力での移乗をしやすくなります。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

便器から車いすに戻ってしまうと、通常のタンク脇の洗浄レバーには手が届かないので、洗浄することができません。そこで、手元のリモコンからの操作で洗浄できる様にしました。 コンセントの脇にある受信機が、リモコンから信号を受信し洗浄してくれます。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

手に持っているリモコンが、その便器洗浄リモコンです。

すでに壁に付いているスイッチは、押すとLDKにあるベルがなり、家族さんが助けに来てくれます。万が一、車いすから便器に移乗する時に、失敗して床に落ちてしまっても安心です。

トイレこそ、個別対応のバリアフリーを大切したい場所

便器の背面の壁だけ、水色にしました。これだけのことでも部屋全体の印象が変わります。これは住まいてさんの提案です。

水回りはその中だけのことではなく、LDKから行き来しやすいこと、寝室からも行き来しやすいこと、動線の配慮も大切です。

https://anity.ootaki.info/9393/

アニティデザイン