icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

〈9389〉

忙しくてしかないという、とある会社の応接コーナーの応接セットを製作しました。今までは既成のテーブルとイスを使っていたそうですが、物足りなくなってきたそうです。社長さんから要望を聞いているうちに、応接としての役割よりも大切な役割を発見しました。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

数年前に建てさせていただいた木造の2階建ての社屋です。今回の工事は、椅子とテーブルなどの造り付け家具を製作しました( 2019.11.23)

2019.11.23

その大切な役割とは、外出していることが多い、この会社の社長さんが、いかに快適に事務作業をこなせるようにすのか、ということでした。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

この会社でも、巷で言われている「人手不足」により、依頼された仕事を、断ってしまうこともあるとのこと。

外出していることが多いので、事務作業は休日に出社して行うことも多いとのことでした。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

他にも大きな事務机とパソコンがあり、そこでも快適に事務作業ができていて、その事務机を「平日の仕事場」と位置づけました。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ 対して、ソフトレザークッションのこのベンチを、休日にのんびりと仕事をすることに重点をおいた、「休日の仕事場」と位置づけたのです。

休日ならではと、胡座(あぐら)をかいたり、昼寝もできる。座り方を限定しないベンチを目指しました。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

テーブルは移動しやすいように、テーブルの脚にはキャスターを付けました。胡座をかいた時は、テーブルを体の方に引き寄せられるようにしました。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

ベンチを一体として製作することできたのですが、大きすぎると配置替えがしにくくなってしまうので、2分割にしました。

また、クッションを持ち上げると、内部は収納になっています。同じ大きさではなく、1:2 の割合にしました。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

ベンチとテーブルにより、応接のために使うことももちろんできます。ですが大切にしたかったことは、堅苦しい事務机と違う感じで仕事ができることを、優先させたかったのです。

応接だけでなく、胡座がかけて、横にもなれるベンチ

「来客用の応接コーナーを...」とスタートしたのですが、打ち合わせの中から、隠れていたニーズを見つけ出し、そのニーズの合わせることを大切にしました。

「デザイン」とは、かたちの良し悪しを意味する言葉ではなく、このような一連の手続きを意味する言葉だと、私とは考えています。

https://anity.ootaki.info/9389/