icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

〈9382〉

リビングの一面のアクセント壁は、マンションのコンクリート界壁なので、大型液晶テレビを壁固定することができませんでした。そこで、65型から75型の液晶テレビに合わせた、ホームシアターシステムに対応したAVラックを、造り付け家具として製作しました。

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

「自宅でも映画観賞に集中できるようにしたい」とのこと、楽しく暮らすためのAVラック(リビング収納)です( 2019.12.04)

2019.12.06

幅 145cm、高さ 83cmの 65型テレビは、重さが 25kgあります。将来は、ひとサイズ上の 75型テレビに置き換えられることも想定しました。

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

このテレビを「T字型」フレームに取り付けました。幅 240cmのAVラックは、自重を重たくすることでバランスをとり、壁にも床にもビス固定せずに床に置くだけで自立します。テレビの中心を、リビング天井照明の位置に合わせました。

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

下段中央には、ブルーレイレコーダーと、ホームシアターのコンソールを収納します。コードなどの余計なものが極力見えないように、「T字型」フレームの裏に隠しました。

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

このホームシアターシステムには、大小 6台のスピーカーがあり、その内の 4台がこの「全方向性サテライトスピーカー」です。 テレビの左右に伸びたフレームにの先端に 1組、もう 1組が聞く位置の背面になる、リビングの反対側にあり、サウンドの広がりを感じることができます。

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

テレビの下の「センターチャンネルスピーカー」は、テレビと中心を揃えます。左右の「全方向性サテライトスピーカー」の中心でもあり、サウンドの定位の補助をします。

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

重低音のための「ベースモジュール」は、テレビと中心を合わせる必要はないので、家具の端の置きました。

映画観賞に集中できる、ホームシアター対応のAVラック

このAVラックを中心に、手前にダイニングテーブル、隣室の書斉カウンターと、デザインや素材を統一し、リビングが「エレガントなホームシアター」になってくれることを願いました。楽しく暮らすための仕事は、作る私をもまた、楽しくしてくれました。

https://anity.ootaki.info/9382/